JUGEMテーマ:住宅

 

☆遠隔地のオーナー様から空家の有効活用のご相談


「○○にある実家が空家のままなので有効活用したいのだけどどうだろう。

難しければかなり傷んでいるので処分を考えているが、・・・」

 

と言うご相談を頂きました。現在は人が住んでいませんので、

まずは既存住宅現況検査技術者で宅地建物取引士の私が現地、

近隣及びライフラインの調査を行いました。


◆築50年を超えており、無理な建て増しをしている。
◆今までほとんど建物のメンテナンスをしておらず、かなり傷んでいる。
◆店舗付き住宅として使っており、特殊な間取り。

 

近隣の賃貸市場の調査を行ったところ、

リフォームをした分の費用を賃料に入れての賃貸は難しい為、

今回は売却のご提案を行いました。売

却をする場合は事前の販売企画がとても重要です。

 

■店舗部分が、ガレージやD・I・Yスペースとして使える。

■建物が広く、大人数でも住める。

■敷地条件が良いので、将来の建替えもしやすい。

 

と言った点をアピールして売却の広告を出したところ、

車が趣味で整備も自分でするという若い方から、

ビルトインガレージとしてとても使いやすいと申込が入りました。

建物のメンテナンスや簡単な補修なら好きでやってしまうので、

い建物が付いていてくれて良かったそうです。

 

ポイントを間違えず判りやすくアピールすれば、

共感して頂ける方がいると言う事を、今回も又体験する事が出来ました。

 

この記事は私が投稿しました。

川崎誠(専務)

建築関連の職について30数年

設備機器の販売管理に始まって、リフォーム営業・不動産営業・・・

中西工務店に入社して早19年目。

土地選び・資金計画・リフォームを得意とし、

目指すは究極のユーティリティープレイヤー。

宅地建物取引士・FP(ファイナンシャルプランナー)・二級建築士の資格を持ち

お客様の家作りのサポートに徹しています。

お客様の困りごとを何でも自分の問題として解決方法を考えるのが好きなので、

マイホームのことでしたら何でもご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
 

Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

 

Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

「わずか2時間で正しい家づくりのスタート出来る無料レポート」

資料請求

 

JUGEMテーマ:住宅

 

えっ!

たった25坪の土地に家が建つの?

 

ブログ・フェイスブック・インスタグラムなどを見てこのページへお越しになったあなたは100%そう思うでしょう。

 

土地には定価が有りません。

 

ですので、誰が見ても良いと思える土地は値段が高くなり、本当にここに家が建つのかな?と思う土地は安くなります。

 

これから先のお話は、自分にとって良い土地を出来るだけ安く買いたい、とお考えの方にとって、必ず土地選びに役立つでしょう。

67bed84a48b1225fe46864a56f9748e2_t[1].jpg
どの土地にしようかな?

 

20180316 加茂その1.png
三島市加茂 25坪の土地

上の敷地見取り図は、3月16日現在、不動産ポータルサイトに実際に出ている物件です。

 

概要は、三島市加茂◇売土地◇680万円◇面積83.56m2(25.27坪)◇坪単価269,000円◇このあたりの相場よりもかなり安い物件です。

 

◇建ぺい率50%容積率80%◇建築面積で41.78m2(約12坪)◇延床面積で66.84m2(約20坪)の家が建つと分かります。

 

実際レイアウトしてみるとこんな感じでしょうか。

20180316 加茂その3.jpg
まず最初に建てられる建物の大きさを配置してみる

20坪では少し小さいかな?ほとんどの方はそう思いますよね。

 

それではここで、少し知恵を絞ってみましょう。建築基準法では、すぐ下の階の半分の面積まで、高さ1.4mの収納空間を作ることが認められています。高さ1.4mまででしたら、床面積に算入されませんし、固定資産税の対象にもなりません。固定階段もOKです。

 

固定階段で上り下り出来る約10畳の小屋裏収納が

作れるということです。

 

こう聞くと、グッと現実的な話になってきませんか?

 

下の写真は、20坪弱の敷地に建てた約20坪の住宅です。

IMG_0002no.jpg
沼津市高島町N邸 1階はビルトインガレージ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなに開放的な空間が取れました。

IMG_0010no.jpg
室内は街中の狭小地とは思えない程の解放感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

又下のパースは、以前30坪の土地に計画した約28坪の住宅です。

2面 パース スタジオ.jpg
街中の狭小地に小屋裏収納付住宅の計画

いかがでしょうか?

 

もし建築士である私が、家内と2人の終の棲家を作るとしたら

三島駅に徒歩で行け、買い物にも便利なこの物件でOKです。

すぐに不動産屋さんに仮押さえし、じっくりと調査し、

20坪で快適に暮らせる為のプランニングを開始します。

 

皆さんはどう思いました。

 

土地を買う方って、ほとんどの方は家を建てるのですが

家が完成した後の姿はイメージ出来ないままに、

□人気エリアだから・・・

□お友達がたくさんいるから・・・

□東南の角地だから・・・

□完成した分譲地だから・・・

□住宅会社さんが勧めたから・・・

などと言う理由で土地を決めてしまいます。

 

悪いとは言いませんが

その土地は、あなたのご家族にとって本当に良い土地ですか?と

もう一度考えてみてはいかがですか?

 

今日は、

「たった25坪の土地でも

知恵を絞れば、良い家を建てる事が出来るんです」

〜建築士的逆転発想で、土地選びを考える〜

というお話でした。

 

by川崎 誠

2級建築士・宅地建物取引士

 

個別相談はこちらへお願いします。

office@nakanishicc.co.jp 若しくは

https://reserva.be/nakanishievent/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=50eJwzMrYwNQYAAxABBg

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

 

 

 

 

 

 

⌂無料支援メニュー

 

☆屋根の塗装・雨漏りの診断<無料>

塗装工事が必要か?屋根の補修が必要か?

どんな材料が適しているか?お伺いして診断します。

 

こんな方は是非ご相談下さい。

 

・屋根や外壁のクラックなど、気になる個所がある

・雨の量や、風向きによって雨漏りする事がある

・飛び込みのセールスマンから、屋根や外壁の塗装工事を

 勧められているが、頼んでよいか不安がある

・見積りを取ったが、単価が妥当か?建物の現状に

 合った材料か?分からない

 

☆最新診断実例

----------------------------------------------------------

築45年の木造住宅、8年前に知り合いの塗装屋で、屋根と外壁の

塗装をしたが、それ以降屋根から雨漏りするようになった。

最近は天井だけでなく部屋の中もひどくなって来た為、不安に・・・

----------------------------------------------------------

  

 

そこで以前リフォームをした当社に相談がありました。

点検口を外して天井裏を見ると屋根からポタポタ雨水が

落ちていて、放っておけない状態でした。

 

原因は、8年前の塗装工事の際に、屋根材間の水の逃げ道を

塗料で塞いでしまった事でした。

 

2通りの修理の方法を説明し、今回は簡易補修を選択、

塗装工事で塞いでしまっていた水の逃げ道を作る事と、

雨水が入ってくる直接の原因の屋根の棟の板金部分を

交換しました。

 

この施工方法の場合雨漏り保証は付きませんので心配でしたが、

今年の梅雨と集中豪雨でも雨漏りが無く、私もホッとしています。

 

  

施工前:棟板金を外した    施工後

ところ

 

住まいの総合アドバイザー

川崎 誠

 

2級建築士

既存住宅現況検査技術者

宅地建物取引士

 

メルマガ登録の

お申込はこちら

セミナー及び相談会の

ご予約はこちら

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

担当 川崎・谷口

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい
 

02-veg-facebook-2.jpg

instagram-guide-001.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    by川崎 誠

あなたは“マイホーム計画”をスタートする時に、
こんな間違いをしていませんか?
 

☆家の耐久性は、どの会社で建てても同じだと思う。
☆資金計画は、住宅ローンの相談さえしておけば
 大丈夫だと思っている。
☆土地が決まってから、住宅会社を決めれば良いと思う。
☆“耐震等級3相当”と“耐震等級3”のふたつの建物、
 地震に対する強さは左程変わらないと思う。
☆家づくりをしても、特に“生命保険の見直し”は考えていない。
☆家作りは、大手住宅会社に頼んだ方が安心!
 

一生に一度の家づくり。
失敗したくないですよね。
でもほとんどの方がこんな間違いをしたまま、
家づくりをスタートさせています。
 
理由は簡単!
誰に相談していいか分からないからです。
住宅ローンは、銀行マン
土地選びは、不動産屋さん
建物は、住宅総合展示場へ行ってみて、
そして何となく担当した営業マンが気に入ったので、
その住宅会社で決める
 
こんな感じで家づくりをする方が
全体の80%を超えていると思います。
 
残念ながら、銀行マン・不動産屋さん・住宅会社の
営業マンは、家作り全体のプロではありません。
 
私達は、家作りをトータルプロデュースするプロ集団です。
家づくり全般の相談を受け付けております。
 
ゴールデンウィーク中の個別相談日
(予定が入っている場合が有りますので、事前にご予約下さい)
4/24(日) 10:00〜
4/29(金) 10:00〜
5/1(日) 10:00〜
5/3(火) 10:00〜
5/4(水) 10:00〜
5/5(木) 10:00〜
5/8(日) 10:00〜
 
相談員 
“お金”全般のプロ
 ※住宅ローンアドバイザー他、生命保険、不動産に関する有資格者
  が、家作りに関する全てのお金のご相談にお答えします。
“土地”のプロ
 ※宅地建物取引士、建築士が、失敗しない土地選びのご相談に
  お答えします。
“注文住宅”のプロ
 ※注文住宅の設計を専門に行っている建築士が、住宅会社選びの
  ポイントをアドバイスします。

場所 中西工務店柳沢ショールーム
   沼津市柳沢326-2
   055-921-8877

ご予約・ご質問は


私、川崎まで
070-5027-2612


 

1

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM