JUGEMテーマ:住宅

 

沼津市・三島市・裾野市・御殿場市・富士市・富士宮市で

今までに建てさせて頂いた屋上庭園やルーフバルコニーを

楽しんでいるお宅の特集です。

 

富士宮市W邸 富士山を見ながら浸かる快適ジャグジー

CIMG3247.JPG

富士山が真正面に見えるこの位置にジャグジー付きの

バルコニーを造る事が夢だったW様。

撮影の日は運良く晴天。最高の一枚が取れました。

ジャグジーはニュージーランド製。ウールの断熱材を

直輸入していた頃に一緒に輸入した1台です。

ポンプはGE(made in USA)でした。

 

富士宮市W邸外観

IMG_0001.jpg

イラストレーターのW様、ご自宅が快適過ぎて、

仕事が進まなくて困る!とお叱りを受けてしまいました。

玄関周りには、お遊びで木を張りました。

 

W邸もうひとつのバルコニー

IMG_0033.jpg

W邸には、もうひとつのバルコニーが・・・

 

沼津市N邸 街中で創る快適プライベート空間

IMG_0015.jpg

このお宅のバルコニーは、隣接する母屋と一体です。

ですので姪御さんが行ったり来たり、大賑わいです。

町場ですが、道路からは全く見えない造りになっています。

 

沼津市N邸 リビングより

IMG_0014.jpg

室内から見るとこんな感じです。

 

沼津市N邸外観

IMG_0002.jpg

道路から見るとまるでビルの様な建物です。

味気ないので、外壁を板張りにしてしまいました。

 

伊豆の国市I邸 花火とプライベートBBQを楽しむ

IMG_0038.jpg

伊豆の国市大仁の商店街の真ん中に建つお宅です。

狩野川の花火が良く見えるので、リビングより大きな

バルコニーを造ってしまいました。花火の日には

友人たちと大騒ぎのようです。

 

伊豆の国市I邸

IMG_0001 (2).jpg

このお宅も、道路から見るとまるでビルのようです。

室内はふんだんに無垢材を使って仕上ております。

 

伊豆の国市I邸 室内(親世帯)

IMG_0008.jpg

床の段差も温熱環境も全てがバリアフリーです

 

伊豆の国市I邸 和室

IMG_0010.jpg

厳選した銘木を使った和室です。

 

御殿場市T邸 リビングと繋がった非日常空間

2K4A4177.jpg

2階リビングからそのまま出れる最高の場所にあります。

普段は洗濯物干し場、Tさん、休みの日には本を読みながらの

ビールがお似合いですよ。

 

御殿場市T邸 室内

2K4A4146.jpg

がらりと変わって室内は斜め天井の広い空間です。

小屋裏収納の手すりは、まるでロミオとジュリエットのようですね。

 

御殿場市T邸 外観

2K4A4127.jpg

高基礎の中が、全部収納になっている「基礎蔵」

基礎断熱で室内と同じ温熱環境にしますので、食料品でも

大切なものでも保管出来ます。

 

裾野市M邸 見晴らし100%満喫出来ます。

P7260034.JPG

まるでビルのような町場の3階建ての建物ですが

3階部分に寛ぎのバルコニーが有ります。遠くまで見晴らせ、

家庭菜園もOKのマルチスペースです。

 

裾野市M邸 外観

DSCF0050.JPG

北側玄関の3階建ての建物なので、バルコニーはプライベート空間です。

 

沼津市U邸 夢の小さなルーフバルコニーを実現。

DSCF0107.jpg

小さな敷地で、南に家も建っていましたが

明るく快適なお家になりました。

奥様念願の沼津の花火が見えるバルコニーです。

 

沼津市U邸 外観

DSCF0012.jpg

家が建つか心配でしたが、普通車2台と

家族4人がゆったり暮らせる家が出来ました。

 

沼津市U邸 リビング

DSCF0068.jpg

南のお宅がすぐ近くに迫っていたので

暗くならないか心配でしたが、

屋根からの光を上手に取り入れ、明るく快適な

家になりました。

 

沼津市N邸 巨大家庭菜園のある家

中西工務店20.jpg

最後は、中西工務店の隣にある中西の自宅です。

事務所や駐車場のスペースが必要ですので、お庭は屋上です。

本格的家庭菜園を楽しんでおります。

 

DSC_0092.jpg

人はもちろん、ペットも快適です

 

DSC_1506.jpgDSC_0413.jpg

四季折々の花が咲きます

 

DSC_0595.jpg

 

DSC_0616.jpg

おいしく実った果実は、鳥も好物です。

 

DSC_0614.jpg

無農薬の野菜です

 

 

この記事は私が投稿しました。

川崎誠(専務)

建築関連の職について30数年

設備機器の販売管理に始まって、リフォーム営業・不動産営業・・・

中西工務店に入社して早19年目。

土地選び・資金計画・リフォームを得意とし、

目指すは究極のユーティリティープレイヤー。

宅地建物取引士・FP(ファイナンシャルプランナー)・二級建築士の資格を持ち

お客様の家作りのサポートに徹しています。

お客様の困りごとを何でも自分の問題として解決方法を考えるのが好きなので、

マイホームのことでしたら何でもご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
 

Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

 

Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

「わずか2時間で正しい家づくりのスタート出来る無料レポート」

資料請求

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

夜寝る前にエアコンを止めても朝起きた時の室温が16℃をキープ、
それが中西工務店の当たり前の家です。

 

2019年1月28日 7:00
三島市富士見台 一戸建て(我が家です)
外気温      −2.2℃
1階リビング室温   16℃

エアコン暖房   前日23:00に停止

延床面積     38坪+小屋裏収納7坪
居住人数     3人

IMG_0639.JPG

 

この冬の最低気温を記録した日
数日前から大型の寒波が日本を覆い、

全国的に気温が低い日が続いていました。
前日の1月27日は19:00〜23:00に20℃設定の暖房運転、
翌日最低気温が氷点下になる予想でしたので、

実験の為23:00に暖房を停止し就寝。
1月28日6:45に車のエンジンをかけに行ったらフロントガラスが

凍っており、車の温度計では−1℃、後に気象庁からは
三島市の7:00の気温が−2.2℃と発表されました。

IMG_0640.JPG

http___www.data.jma.go.jp_obd_stats_etrn_view_hourly_s1.jpg

 

省エネルギーで快適な家を目指す為に

就寝中の室温が低下することで体に悪い影響が出ると
様々な機関での研究が発表されています。
健康先進国のイギリスでは、「冬の室温は18℃以上」と決められています。
出来るだけエネルギーを使わずにこの基準を達成したいものですね。

 

我が家では最低気温がマイナスになりそうな前日は、

エアコンを暖房18℃で暖房運転をしたまま就寝します。

そうしますと朝方少し稼動する程度で18℃をキープしています。

 

当社では、2005年から多くのご入居中のお宅で

温度データ測定を継続しております。

 

富田邸まとめ.jpg

御殿場市T邸

2015年1月1日〜1月9日 2時間毎に自動測定

最低気温 1月2日 6:00 −4.5℃

居室の室温が15〜20℃で推移しているのがご理解頂けるかと思います。

測定機器:KNラボラトリーズ サーモクロン

 


「朝起きた時の室温は、あなたのお宅では何℃?」

それでは、皆さんのお宅ではどの位なのでしょうか?

読売新聞読者投稿サイト 発言小町への投稿から、
一戸建て、エアコン停止の条件でピックアップしました。

 

◆築年数不明 関東在住です。毎朝、温度計を見ます。今朝は4度でした。この冬一番の低さかもしれません。短時間で部屋の温度を上げるためにエアコンとストーブ二つを使っています。17〜18度を目標にしています。

 

◆私は豪雪地帯の築30年の戸建てに住んでいます。うちのリビングは平均6℃くらいでしょうか。 回りは雪に囲まれ、放射冷却の時は外はカチンコチンに凍ります。

 

◆東京だけど10分も歩けば埼玉っていう所に住んでいます。 朝は1階に下りて来てガスファンヒーターを付けるのですが、その時の温度の表示がだいたい9〜10度になっています。
 物凄く寒い日で6度っていうのもありました。 寝ている部屋は2階で、暖房は使っていませんが寒くは無いのでもうちょっと温度は高いと思います。

 

◆埼玉県北部の山沿いに住んでいた時は0度から4度でした。 温度計壊れてるのかと思いましたよ。 「外より寒いんじゃね。」って良く言ってました。

 

◆関東一戸建てに住んでます。築2年で高断熱・高気密、窓は三層。 エアコン2台で一日中20℃。もう他の家に住めません。
⇒良いですね。エアコンの電気代がいくら位か知りたいですね。

 

◆築2年目の木造一戸建てです。大阪です。 夜、リビングの床暖房を切って寝ます。 朝起きた時にリビングのガスファンヒーターを点けるのですが外気温が0℃の時でも表示は15℃以上あります。

⇒良いですね。

 

 

この記事は私が投稿しました。

川崎誠(専務)

建築関連の職について30数年

設備機器の販売管理に始まって、リフォーム営業・不動産営業・・・

中西工務店に入社して早19年目。

土地選び・資金計画・リフォームを得意とし、

目指すは究極のユーティリティープレイヤー。

宅地建物取引士・FP(ファイナンシャルプランナー)・二級建築士の資格を持ち

お客様の家作りのサポートに徹しています。

お客様の困りごとを何でも自分の問題として解決方法を考えるのが好きなので、

マイホームのことでしたら何でもご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
 

Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

 

Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

「わずか2時間で正しい家づくりのスタート出来る無料レポート」

資料請求

JUGEMテーマ:住宅

 

2月から三島市で新築工事を着工する施主のY様を

三島市錦が丘にある築16年のI様邸にご案内しました。

 

英国ガーデニングやトールペイントがお好きで

片付け上手のI様、新築後16年経ってもきれいに片付けていらして

ご案内したY様もとても驚いていらっしゃいました。

 

当日はお出迎えと奥様自らご説明していただきました。

IMG_0185.JPG

昨年外壁の塗り替えをした三島市錦が丘 I様邸外観

 

リビングの大吹き抜け空間にY様びっくり!

さて、室内に入りすぐに目に入る大きなリビング吹き抜けと、

外国の映画に出てくる様な上部が半円になった大型サッシに

Y様仰天!

◆これだけ大きな吹抜けで寒くない?

◆吹き抜け上の大型サッシはカーテンなしで寒くない?

◆無垢の床材のお掃除は?

◆エアコンの電気代は?

◆深夜電力使用の北欧製ヒーターはどう?

と熱心にご質問されていました。

IMG_0183.JPG

大きな吹き抜けのあるリビング

 

いいお話を色々お聞きした後、失敗談は?の私の質問に

そうそう、中西さんで家づくりをして、唯一の失敗は

中西さんの言うことを聞かないで、作り付け家具の中に

テレビを組み込んだ事かな〜。とお話ししていました。

(今までよりも広いリビング空間になるので、住み始めると

大型テレビが欲しくなりますよ。と設計の中西が、

何度かご説明したようですが、I様ご自分の意見を通して

作り付け家具にテレビを組み込んで製作、

結果住み始めてすぐ大型テレビが欲しくなってしまったそうです。笑い)

IMG_0182.JPG

自作のトールペイントと作り付け家具

 

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。

I様、色々貴重なお話ありがとうございました。

Y様、早速丸い窓を付ける位置を検討しましょう。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
 

Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

 

Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

「わずか2時間で正しい家づくりのスタート出来る無料レポート」

資料請求

 

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

どっちがお得?床リペア&リフォーム工事

 

                          by川崎

当社自慢のリペアマンが参上したのは、

新築後25年経過した沼津市沼北町のN様のお宅です。

N様のお悩みは、水周りの床フローリング。

 

トイレの床に出来た便器の結露水による変色が一番気になるところ、

先日便器を交換するまではそれほど気にならなかったのですが、

便器を交換してからは気になって仕方なく、今回

リペアマンの登場となりました。

Before

b2.JPG

 

After

25年経った床の変色もこの通り!

a2.JPG

 

次は、ペットのトイレにしている洗面所の床フローリンング。

ペットシートを敷いていてもおしっこで汚れてしまいますよね。

Before

b1.JPG

 

after

フローリングのささくれや変色がこの通り!

a1.JPG

 

せっかくなので

浴室の入口の床フローリングの傷み(主にささくれ)も修理しました。

Before

a3.JPG

 

after

逆光で分かり難くてすみません!

ささくれが見事に直っています。

b3.JPG

 

今までは、トイレや洗面所など床を張り増しするリフォームの

オーダーが多かったのですが、リペアの利点としては、

◆床の段差が発生しない。

◆便器や洗面台の取り外しが不要。

◆1箇所からでも修理可能

◆なんと言っても値段が安い!

◆そして予想以上の仕上がりの良さ。

 

などの理由から当社のお客様でも、リペアは人気急上昇中です。

 

気になる方は、私が下見に行き、リペアが良いか

床の張り増しが良いか判断いたします。

見積は無料ですので、お気軽にご連絡下さい。

 

リペアの金額の目安は、

◆1ヶ所 12,000円程度〜

◆1日(4ヶ所程度) 40,000円程度〜

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

築18年経過したお宅の訪問 

             by川崎誠

 

昨日平成30年7月14日、うだる様な暑さの中

2000年に引き渡ししました

伊豆の国市のT邸に伺いました。

 

輸入樹脂サッシの部品交換の為の

点検・採寸が訪問の主な目的です。

 

欧米では、サッシ・キッチン・ドアなどは、

製品の寸法のみならず、部品の規格にいたるまで

国が先導して作られた、共通規格になっているのが一般的です。

そして専門の部品メーカーはその共通規格で部品を生産し、

製品メーカーが部品を調達するという図式です。

 

一つ一つの部品にいたるまで、

独自開発・オリジナルデザインを基本にしている

日本の製品メーカーさんとは大きく異なるところです。

 

ご存知の様に欧米では、

企業の合併や売却が一般的ですので、

製品メーカーが無くなってしまった時でも

ユーザーさんに迷惑を掛けないようにするという

お国柄なのでしょう。

(もちろん日本でも、競争の厳しいパソコンや携帯電話などでは、

海外方式が当たり前になっておりますが)

 

今回もアッセンブル(組立)した会社は

吸収合併されてしまい今は存在しておりませんが、

写真と元に、破損した部品が特定出来ました。

 

事前に準備していた寸法図を元に現地でチェックします。

IMG_0147.JPG

 

シングルハングの軸部分2.JPG

 

事前に準備した部品図面

15-087.jpg

 

部品に間違いの無いことが分かり一安心です。

もちろん統一規格の専門部品メーカーの製品ですので

調達は可能です。

 

素敵で高性能、しかもリーズナブルな

海外の住宅建材・設備機器を使ってみたいけど後が心配・・・

とお考えの皆様、

当社では、輸入資材を30年以上取り扱っており

施工からメンテナンスにいたるまで

膨大な社内ノウハウを持っております。

不安は全くございませんので

輸入資材を使って家づくりをお考えの方

是非ご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

沼津市や三島市でも最低気温が氷点下の日が続いていますが

皆様お変わりありませんでしょうか?

 

先週は特に寒さが厳しかったですね。

三島市で最低気温が−4℃まで下がった1月27日に、

平成22年にお引き渡ししました三島市のS様から

「外水栓から水が噴き出してしまっています」

とS・O・Sの電話が入りました。

 

お電話で水道メーターボックスの中のバルブを止める方法を

お伝えし、ご自宅へ伺いました。

全体.jpg

 

破裂したのは、外流しの水栓でした。

小鳥のデザインのかわいい水栓ですが、

青銅製の為、凍結には若干弱かったようです。

「7年間一度凍結した事無かったんですが、今年は異常ですね」

と奥様談。

 

ご主人様の実家が水道屋さんで、独身の頃には

ご主人も手伝った事もあり、

仮に止められそうとの事でしたので、そちらは

お願いし、私は早速部品の手配をしました。


蛇口.jpg

 

その結果、部品供給が可能との事で一安心しました。

 

凍結の被害は、寒冷地だけと思いがちですが、

今までにも沼津市、三島市等の平野部でも

風通しが良かったり設置状況によって

凍結の被害のご連絡を受けます。

 

給湯器、エコキュートはヒーターを内蔵しているので

被害は聞きませんが、一番多いのは外流しの水栓です。

特に独立した立水栓タイプが凍りやすいですので、

昔ながらの方法ですが、最低気温が氷点下になりそうな日は、

前夜に水を細く出しておく方法をお勧めしております。

 

用心に越したことは無いですよね。

 

住まいのメンテナンスのご相談は

こちら⇒

 

by 川崎 誠

 

 


人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

 

                   by川崎誠

 

昨日、築17年の御殿場市のS様からお電話を頂きました。

 

水道の検針員さんから

「Sさんのお宅昨年の同じ月に比べ

水道代が2倍位になっていますよ、

一度建てた会社に見てもらったらいかがですか」

という内容です。

 

早速、定期点検を兼ね本日伺いました。

 

家中の水栓が閉まっている事を確認の上

水道メーターを見ますと、確かに

羽の形をしたパイロットが廻っています。

yjimage.jpg

 

この場合の漏水の頻度は、

1.便器ロータンク内のボールタップの緩み

 この場合には、漏水は便器本体に流れ落ちる為

 建物には被害は無い。

2.次に多いのが、建物外部の地中での配管のさびなどが原因での漏水

 これは結構大変!

 水道メーターから順に地面を掘って行き、漏水個所を見つける作業が

 結構大変です。

3.室内の壁の中や床下出の漏水

 築17年前の当時から、当社ではヘッダー方式で壁の中では

 配管を繋いでいないので、可能性は低い。

 万一漏れた場合、壁や床から水がしみ出て発見するケースが多い。

 酷くなるまで放っておくと建物にも良くない。

 

1階のトイレと床下は問題なし。

ホッとしながら2階へ移動、2階のトイレのふたを開けた途端、

便器の中の水が動いており、「み〜つけた!」

ロータンクの中のボールタップの緩みが原因と分かり一安心。

 

ロータンク.jpg

 

 

便器のバルブを閉じ、

水道メーターのパイロットが止まった事をお客様と確認しました。

17年便器のメンテナンスをしていない事から、お客様と相談し

TOTOのメンテナンス会社に点検と部品交換を依頼する事になりました。

一件落着。

 

ちょうど痛み出すベランダの防水などを重点的にチェックし、

定期点検完了!

 

「主人が不在にしており気が付かず、わざわざ来てもらって

ごめんなさい。助かりました」とS様

 

良いんですよS様。

これからも何かあったらお気軽にお電話下さい。

 

 

アフターサービス・定期点検に関しては

⇒こちら

 

資金計画のご相談は

⇒こちら

 

マイホームに役立つメルマガの登録は

⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:住宅

                     by川崎誠

 

台風の近づく生憎の天気の中

平成28年12月に引き渡ししました省エネ住宅

T邸の定期点検とお住まいインタビューに伺いました。

 

設計担当の谷口からは

「ちょこっとインタビューの写真を撮らせて下さい」と

聞いていたT様ご夫妻ですが、完成写真の撮影も頼んでいる

プロカメラマンの深澤銀二さんが来てびっくり!

 

風邪気味の奥様も、せっかくプロのカメラマンに

撮ってもらうんだからとご協力頂きました。

幼馴染の仲良し夫婦ですので、

カメラマンの注文の自然の笑顔もさらりと決め、

撮影は順調に完了しました。

 

iPhoneImage.png

さて、本来の目的の定期点検ですが、

主にはメンテナンスの事が主なテーマで、

スウェーデン製断熱ドアの塗装のメンテナンスの説明に

熱心に聞き入っていらっしゃいました。

(大丈夫です、谷口がお手伝いに行きますよ)

 

銀二さんの写真が出来たらホームページに

きちんとアップさせて頂きますが、

急ぎ私のスマホで撮った写真をアップします。

 

どうもありがとうございました。

 

平成29年10月24日

 

メルマガ登録の

お申込はこちら

セミナー及び相談会の

ご予約はこちら

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

担当 川崎・谷口

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい
 

02-veg-facebook-2.jpg

instagram-guide-001.jpg

 

 

 

 

 

                by 谷口 怜

「今、キャットウォークを取り付けてるよ」

とご連絡頂き、以前フルリノベーションしたお宅へ

帰りにお伺いしました。

すると、ご主人さんが取り付けの真っ最中

 

この壁はお家の打合せの際に

キャットウォークをご自分で取り付けたい

と、最初からご要望がありました。

 

ですので壁のどこにでも取り付けられる

ように下地を設置していましたので、

思うがままに、自由に取り付けできました。

 

そして完成すると、早速...

 

登る!

 

 

登る!!

 

 

梁の上まで到着!!

 

リビングの吹き抜けの梁の上まで遊び場の空間が

広がりました。

 

お休みの日、リビングのソファーでくつろいでいて

上を見ると、吹抜けの梁の上を歩くネコ...

 

うらやましくなるほど素敵なすろーらいふ

 

お住まいになってから飼い始めた彼らも

1、2ヶ月の間に一回り大きくなっていて、

更に活発に遊んでいるようで楽しそうです。

 

リノベーション前は天井裏に隠れていた梁が、

こんなにも素敵な生活シーンに変貌するのも

リノベーションの魅力だなと感じる日でした。

 

11月に入っていよいよ寒くなってきて、
冬支度をされている方も多いのではないでしょうか?

今回は先日お引渡しした。
リノベーションしたお家から、
薪ストーブの試運転の様子を
お届けします。

薪ストーブの場合、外の気温がある程度低くならないと、
うまく排気されない可能性があります。

という事で、寒くなってきたこの日、
夕方から試運転開始??

の前に、まずは施主さんのところに来たばかりのネコちゃんをご紹介!




めちゃめちゃカワイイっス!
元々飼う予定だったそうですが、
知人が捨てられていた彼女達を拾ってそれを引き取ったそうです。

スゴく人懐っこくて興味津々な彼女達が
着火前にストーブ内を点検してくれました。



そして、いよいよ着火!



無事着火完了
お部屋がすぐに暖まりました。
やっぱり火を見ていると落ち着きますよね☆

今回はストーブの試運転の様子をお届けしました。
寒暖差の激しい季節なので、皆様も風邪などにはお気をつけ下さい。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM