by 川崎誠



昨年3月にお引渡した御殿場市のN邸に
1年点検と温度データの回収に伺いました。
お客様のご協力で1年に渡って
1時間毎の家中の温度を測らせていただいております。
この冬一番寒い日のデータをご覧ください。


2009年1月16日 7:00 外気温-5.5℃ですが
基礎断熱された床下の空気は12.5℃
1階の無人の部屋で13.0℃
一番寒そうに思われる洗面所のタイル床で14.0℃
(この時期は、深夜電力で床下空気用ヒーターを
24:00〜6:00だけ、弱運転したそうです)

1階と2階の室内温度差は1.5℃
2階と小屋裏の温度差に至っては、ナント1.0℃
放射冷却で早朝一番寒くなるはずの小屋裏収納が
家中で一番暖かい16.5℃で保たれているとは
高断熱高気密住宅ならではの逆転現象です。
(詳しくはホームページで)

電気代は、2世帯住宅のオール電化仕様で
この冬の最高で¥33000-/月
エアコンの運転時間を私のお勧めの
朝の時間帯に変えてみたら
¥28000-にセーブ出来たそうです。
灯油は全く使わなくなったそうで
同じ時期に新築したお友達のお宅の半分の燃料費ですよ
と笑ってお話しされていました。

いつお伺いしても富士山が素敵なN邸ですが
特に一昨日降った後ですので、
真新しい雪景色の富士山は
とてもすばらしい姿でした。





Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM