by川 誠


昨日に引き続き、ホットなお便りの続きです。



今は、支払える頭金をできるだけ増やそうと考えて、
住宅資金のための貯蓄をしています。
ここ数年の年収に対する貯蓄の割合は、37.541%です。
取りあえず、35%以上は払える生活を
しているということでしょうか・・

でもこの比率でローンを組むことは怖くてできません。
やはり想定外の出費が出たときのことを考えると無謀と思えます。

貯蓄ならばいざというときにそれを切り崩す、
貯蓄のペースを一時的に下げるという融通が利きますが、
ローンは貯蓄ほどは自由度がないですし、やはり不安です。
→その通りです。現在Nさんが貯蓄で35%を
超えていると言う事は、(メールセミナーでも
ご説明いたしましたが)
返済比率が35%になっても
大丈夫な生活をされていると言う事です。

その上で家賃を払われているのですから安定したご計画ですね。
但し今後教育費等が確実に増えていきますので、
実際に借り入れする時には、そこまでの返済比率にならない
ご計画がよろしいかと存じます。

 

 ローンを組むとしたら、早く返したい気持ちはありますが、
やはりできるだけ長い期間、35
年で組んで、
ボーナス払いなしで月給で払って行く形を取りたいです。

ボーナスよりは月給の方が、大きく下がる可能性が低く、
計算ができますし、
ボーナスは、ある程度貯めて、
繰上げ返済に用いたりすればと思います。

ボーナス払いの額を多くするより、利息は安いですよねきっと。

私がイメージしていた35年で月給のみでローンを組む
プランにおける、年返済率は約15%でした。

月々の返済は余裕を持って、23年おきくらいに、
ボーナスなどを貯めておき、
繰上げ返済に使いたいと
思っていました。
ボーナス払いの額をあらかじめ決めておくと、
もっと払えるときもあれば、ちょっときついなと思うときが
あると思うのです。

それにボーナス払いの割合が増えれば利息も高くつく。
それならば、繰上げ返済を上手に利用できればと思ったのですが、甘いでしょうか
→非常に健全なご計画です。

 繰り上げ返済の手数料などは私は勉強不足で分かっていません。
今回のセミナーで考えを一新させられるかもしれませんね。
少しは賢くなりたいです。よろしくお願いいたします。
 →どの程度Nさんのご参考になるかわかりませんが、
これからもメールセミナーをよろしくお願いいたします。

 

 

ひとつ私からNさんにご提案ですが、

具体的な土地や建物で資金計画をしてみると、
よりリアルになりますよ。
これから土地選び等のマイホーム計画を
スタートするまでの時間を
有意義に過ごす為にも、
とても大切な事だと思います。

仮の土地(三島駅へのアクセスの良い地域にある土地物件)に
仮に、例えば我々が作らせていただいたお宅の図面や
金額を参考にして、
一度資金計画をして見ませんか?

お時間を1時間程度いただけましたら
私がパソコンを持ってご自宅にお伺いするのでも、
当社のショールームへお越しいただくのでも、
どちらでも構いませんので、きっちりと資金計画書を
お作りいたします。

お返事が遅くなりましたが、
メールのお礼と、ご質問につきましての
アドバイスをさせていただきます。



まとめ:
家作りを始める前から、
家作りを始めた時をイメージして、
家計を見直すことが一番大切です。


メールセミナーでは、
家作りをお考えの方と
こんなやり取りをさせて頂いています。
「間違いの無い資金計画メールセミナー」の他に
「失敗しない土地選びメールセミナー」や
(土地探しではなく、土地選びがポイントです)
「失敗しないほんもの建材選びのコツ」など
を取り揃えております。

Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM