by 川崎 誠

地震保険の継続契約の為、
2009年4月にお引渡しした
沼津市岡一色のN邸にお邪魔しました。
(2012/4/5)

このお宅は、
騒音対策と省エネ住宅を目指し、
次世代省エネルギー基準を大幅に上回る
基本性能を実現したお宅です。

当社標準の外張り断熱に加え、
充填付加断熱を施工した
「DUO(デュオ)」仕様で、
熱損失係数(Q値=W/(・K))は2.05です。

長野県や東北地方の山間部の寒冷地である
2地域の次世代省エネルギー基準が
Q値=1.9以下ですので
その性能の高さがお分かりいただけるかと
思います。

このレベルの性能で作ったお宅では、
この真冬にはどんな快適な生活だったのか
私とNさんの会話を想像してみてください。

成岡邸2.jpg

川崎 「Nさん、ダイニングカウンターの上の
    温度計で室温測ってます?」
Nさん「すごいんですよ、川崎さん
    今年の冬は、朝一度もこの温度計が15℃を
    下回りませんでしたよ。
    暖房も朝は全く使いませんでしたよ。」
川崎 「そうでしょう、このレベルのお宅ですと
    エアコン使用時間も短く、設定温度も
    20℃程度で充分暖かくなりますので
    とても省エネですよね。」

そうです、
N様のお宅では、今年の冬の朝
全くエアコンを使わないで暮らせるほどの
暖かいお宅なのです。

静岡県を含む4地域の次世代省エネルギー基準が
Q値=2.7以下
長野や東北、北海道の一部を含んだ寒冷地、
2地域の次世代省エネルギー基準が
Q値=1.9以下ですので、
Q値=2.05という性能の高さが分かるかと思います。

ご興味のある方は
ぜひ当社の体感ハウスへお越しください。



Comment





   
この記事のトラックバックURL : トラックバック機能は終了しました。

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM