by川崎誠

 

熊本地震で被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。

 

2016-04-21-1461199377-7577295-Japaneseearthquakessendripplesthroughautoindustry.jpg

この様な被害を出来るだけおこさない為に

9月9日に沼津・三島版新聞折込広告で

高性能な軽量金属瓦のリフォーム広告を

掲載いたします。

 

このリフォームのポイントは、以下の5つ

・通常瓦の1/10の軽さで15%以上の耐震性アップ

・更に制震ダンパー等の併設で25%以上の耐震性アップ

・室内はさわらないので、工事中もお住まいになれます

・太陽光発電パネルも取付可能

・和風建築のデザインも損ないません

 

Before 重い瓦

3e44c7f5da22acb44a2ddedc29ef5e2e.jpg

 

After 高性能軽量金属瓦

5eba360c743726c62e8617ac91c9c545.jpg

 

 

ちょうど良いタイミングで

こんな記事を見つけましたので

ご参考になさって下さい。

 

〜木耐協ニュースより抜粋〜※1

 

屋根の重さで耐震性に最大4割の差
屋根が重いほど耐震性は低くなる

〜「木造住宅の耐震性」に関する調査データのご提供〜

日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)では、

耐震診断の結果を「調査データ」にまとめ、この度発表いたしました。
今回は、木造住宅の耐震性と屋根の重さの関係について、

集計・分析を行いました。詳細は別紙にまとめていますので、

ぜひお目通しください。

 

■耐震診断結果(旧耐震基準 昭和25年〜昭和55年以前の建物)

木耐協 S25~56.jpg

※昭和55年以前の建物では、全体の95%以上の建物が

巨大地震で倒壊の可能性があり、その中でも全体の84%の

建物が、倒壊の可能性が高いと診断されております。

 

 

■屋根の重さと木造住宅の耐震性

木耐協 年代別評点.jpg

 

 

上の二つの資料から

屋根の重さで耐震性に最大4割の差が出るというニュースです。

私共では、15%の耐震性のアップの表記しておりますが、

実際にはそれ以上強くなってしまうという一例ですね。

 

※1 木耐協とは、正式には日本木造住宅耐震補強事業者協同組合といい、

全国1086社の設計事務所・工務店・リフォーム会社からなる団体で、

国土交通省の「住宅リフォーム事業者団体登録制度」の登録団体になります。

過去16万棟の木造住宅の耐震診断を行い、より実質的な研修も行っている

団体です。

 

 

 

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://nakanishicc.jugem.jp/trackback/464

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM