JUGEMテーマ:住宅

 

                   by川崎誠

 

昨日、築17年の御殿場市のS様からお電話を頂きました。

 

水道の検針員さんから

「Sさんのお宅昨年の同じ月に比べ

水道代が2倍位になっていますよ、

一度建てた会社に見てもらったらいかがですか」

という内容です。

 

早速、定期点検を兼ね本日伺いました。

 

家中の水栓が閉まっている事を確認の上

水道メーターを見ますと、確かに

羽の形をしたパイロットが廻っています。

yjimage.jpg

 

この場合の漏水の頻度は、

1.便器ロータンク内のボールタップの緩み

 この場合には、漏水は便器本体に流れ落ちる為

 建物には被害は無い。

2.次に多いのが、建物外部の地中での配管のさびなどが原因での漏水

 これは結構大変!

 水道メーターから順に地面を掘って行き、漏水個所を見つける作業が

 結構大変です。

3.室内の壁の中や床下出の漏水

 築17年前の当時から、当社ではヘッダー方式で壁の中では

 配管を繋いでいないので、可能性は低い。

 万一漏れた場合、壁や床から水がしみ出て発見するケースが多い。

 酷くなるまで放っておくと建物にも良くない。

 

1階のトイレと床下は問題なし。

ホッとしながら2階へ移動、2階のトイレのふたを開けた途端、

便器の中の水が動いており、「み〜つけた!」

ロータンクの中のボールタップの緩みが原因と分かり一安心。

 

ロータンク.jpg

 

 

便器のバルブを閉じ、

水道メーターのパイロットが止まった事をお客様と確認しました。

17年便器のメンテナンスをしていない事から、お客様と相談し

TOTOのメンテナンス会社に点検と部品交換を依頼する事になりました。

一件落着。

 

ちょうど痛み出すベランダの防水などを重点的にチェックし、

定期点検完了!

 

「主人が不在にしており気が付かず、わざわざ来てもらって

ごめんなさい。助かりました」とS様

 

良いんですよS様。

これからも何かあったらお気軽にお電話下さい。

 

 

アフターサービス・定期点検に関しては

⇒こちら

 

資金計画のご相談は

⇒こちら

 

マイホームに役立つメルマガの登録は

⇒こちら

 

 

 

 

 

 

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://nakanishicc.jugem.jp/trackback/509

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM