JUGEMテーマ:住宅

 

築18年経過したお宅の訪問 

             by川崎誠

 

昨日平成30年7月14日、うだる様な暑さの中

2000年に引き渡ししました

伊豆の国市のT邸に伺いました。

 

輸入樹脂サッシの部品交換の為の

点検・採寸が訪問の主な目的です。

 

欧米では、サッシ・キッチン・ドアなどは、

製品の寸法のみならず、部品の規格にいたるまで

国が先導して作られた、共通規格になっているのが一般的です。

そして専門の部品メーカーはその共通規格で部品を生産し、

製品メーカーが部品を調達するという図式です。

 

一つ一つの部品にいたるまで、

独自開発・オリジナルデザインを基本にしている

日本の製品メーカーさんとは大きく異なるところです。

 

ご存知の様に欧米では、

企業の合併や売却が一般的ですので、

製品メーカーが無くなってしまった時でも

ユーザーさんに迷惑を掛けないようにするという

お国柄なのでしょう。

(もちろん日本でも、競争の厳しいパソコンや携帯電話などでは、

海外方式が当たり前になっておりますが)

 

今回もアッセンブル(組立)した会社は

吸収合併されてしまい今は存在しておりませんが、

写真と元に、破損した部品が特定出来ました。

 

事前に準備していた寸法図を元に現地でチェックします。

IMG_0147.JPG

 

シングルハングの軸部分2.JPG

 

事前に準備した部品図面

15-087.jpg

 

部品に間違いの無いことが分かり一安心です。

もちろん統一規格の専門部品メーカーの製品ですので

調達は可能です。

 

素敵で高性能、しかもリーズナブルな

海外の住宅建材・設備機器を使ってみたいけど後が心配・・・

とお考えの皆様、

当社では、輸入資材を30年以上取り扱っており

施工からメンテナンスにいたるまで

膨大な社内ノウハウを持っております。

不安は全くございませんので

輸入資材を使って家づくりをお考えの方

是非ご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

 

 

 

 

Comment





   
この記事のトラックバックURL : http://nakanishicc.jugem.jp/trackback/536

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM