JUGEMテーマ:住宅

 

寒暖の差が激しいこの頃ですが

高性能住宅の真冬の室温はどのくらいの温度が

快適で省エネルギーなのかご存知ですか?

 

高性能住宅の条件である高断熱・高気密の住宅は、

一年中、最も気候の良い5月の温度で生活できる

住環境を目指しています。

yjimageG6QILGL5.jpg

 

爽やかな5月の温度環境は。平均18℃くらいで、

20℃を超えると暑いと感じる程です。

しかも従来の住宅のように、部屋によって極端な

温度の差がなく住宅内の温度はいつも一定ですから

室内でカーデガンなどを身につけるだけで、真冬でも

十分快適に生活できるのです。

 

住宅の一室だけを暖房し、暖房していない部屋との

温度差が極端に大きい従来の家では、住宅内を自由に

動き回ることは不快に感じることでした。

今まで30℃近くの暖房温度で生活していた時と比較したら

18℃〜22℃では温度が低すぎて寒いのでは?

と思われるかも知れませんが、人が感じる温度は

簡単な表現で言うと、

(室内の空気の温度+壁天井の表面温度)÷2

と言われるように、例えば室内の温度が22℃ある状態で

壁天井の表面温度が10℃まで冷えてしまうと、

室内にいる人が感じる温度は、

(22℃+10℃)÷2=16℃に感じてしまいます。

 

同じく22℃の室内温度でも、壁天井の表面温度が

20℃を保っていれば、同様に室内にいる人が感じる温度は、

(22℃+20℃)÷2=21℃に感じます。

室内の空気の温度が22℃で人の体で感じる温度が21℃と

その差がほとんどないと、5月の外気温が18℃くらいで

快適なのと同じように真冬でも快適に生活できます。

ちろん暖房の設定温度は低いので、省エネルギーになります。

 

私たち中西工務店ではこのように、真冬の室温が

18℃〜22℃でも、住んでいる方が快適でしかも省エネルギーな

環境を作りだすために効果のある二つの方法を取り入れています

 

1.断熱性能を上げる

2.外張り断熱にして建物の躯体を蓄熱体とする

 

お住まいのお宅に設置した自動計測温度センサーによるデータや

当社柳沢ショールームで実大断熱構造モデルがございますので

ご興味のある方はぜひお越しください。

 

この記事は私が投稿しました。

川崎誠(専務)

建築関連の職について30数年

設備機器の販売管理に始まって、リフォーム営業・不動産営業・・・

中西工務店に入社して早19年目。

土地選び・資金計画・リフォームを得意とし、

目指すはお客様への究極のホスピタリティー

建物取引士・FP(ファイナンシャルプランナー)・二級建築士の資格を持ち

お客様の家作りのサポートに徹しています。

お客様の困りごとを何でも自分の問題として解決方法を考えるのが好きなので、

マイホームのことでしたら何でもご相談下さい。

 

 

 

 

人にも環境にもやさしい、永続性のある家づくり
TEL:055-921-8877

HP:http://www.nakanishicc.co.jp/index.html
 

Facebook・Instagramにて最新情報公開中!!

 

Facebook・Instagramでも最新情報を発信しています。

�詳しくは下記バナーより「いいね!」「フォロー」をして下さい

02-veg-facebook-2.jpg  instagram-guide-001.jpg

 

フェイスブックをご覧いただき、楽しんでいただけましたら、ぜひページいいね!をよろしくお願いたします。

 

「わずか2時間で正しい家づくりのスタート出来る無料レポート」

資料請求

 

                          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM