by 斉藤 智



桜の開花があちこちで聞こえてきました。
今週末が見ごろとなりそうで、高速料金の値下げと合わせて
遠出をする方も多いのではないでしょうか。

昨日は工事部の竹村君と三島市のK様宅へ行ってきました。
入居後1年が過ぎて、玄関ドアの調整など細かな不具合や
ご要望などがあるとのことで久しぶりにお会いしましたが、
お元気そうな様子で安心しました。

まずは玄関ドアの調整を行います。
ご主人のこだわりでオーダーいただいた、木製の玄関ドアは
重厚でとにかく重いのです。
ドアを支える兆番は普通3個を取り付けるのですが、このドア
は特別で4個取り付けました。
それでも、少しだけドアが動いたようで細かな調整で直します。
木製のドアの場合は乾燥している冬季と湿度が高い梅雨時での
調整方法が少し違いますので注意が必要です。
※私もドアの調整方法を特訓中ですが筋の悪さに冷たい目が...





その後は問題ないと思いますが、一応点検をということで床下の
水漏れ検査に入らせていただきます。
点検口を興味深そうにご覧になるご主人、手を入れて『湿気がないですね』
そうなのです。基礎断熱+空気を循環させていますので、床下も
室内環境と同じでさらっとした空気になるのです。
※この効果は今週末の見学会で体感できますのでコマーシャルしました
勿論、配管の水漏れなども無く安心したご夫婦の顔がありました。



今日は来てくれるというので、お菓子を用意しましたとのうれしい
ご配慮をいただき雑談の時間です。
当社に依頼した本当の理由や住む前と住んだ後のイメージの違いなど、
耳が痛いところも少しありましたが快適に過ごしていますから大丈夫
ですよと、残したお菓子をお土産にいただきお宅を後にします。
外構工事をそろそろ考えているということですから、お会いできる
機会が増えそうです。

最後にお知らせです。
昨日付で、設計事務所大匠へ新しいスタッフが入りました。
名前は 谷口 怜(レイ)君と言いまして、工学院大学をこの春に卒業
した期待のホープです。
休みはいつなの?と本人に聞いたところ、修行中に休みなど無いと
社長に言われましたとの事。うーん!頑張ってください。





by 斉藤 智



二週間ほどさぼってしまい久々の投稿となります。
ラジオで聞いたのですが、2月13日の金曜日から今月の13日まで
なんと5週連続で金曜日は雨が降っているそうです。
週間予報を見ますと、どうやら今週も悪いようで金曜日を屋外で
スポーツを楽しむ方はストレスが溜まりそうですね。

昨日はご計画中のI様と一緒に、富士・富士宮方面のOB様宅
へ訪問ツアーに行ってきました。
外壁材を何にしようかお悩みのI様に色々なパターンのお宅を
見ていただきましたが、好きなのは塗り壁だけどメンテナンス
を考えると金属のサイディングも捨てがたいなと、さらに悩み
が深まってしまいました。
見た目はやはり大事ですから、外壁の素材選定から色決めまで
中々と決断するのは大変です。
そのような場合にはプラン確定後に精巧なカラーパースを作成、
よりリアルにわかりやすい提案をさせていただいてます。

色々な外観をご覧いただいてから、富士宮市のS様宅へ伺い
家の中を拝見させていただきました。



久しぶりに伺いましたが、笑顔で奥様とお嬢さんに出迎えて
もらい家の隅々まで見せていただきます。
床材のパインは4年が過ぎ、あめ色に変化しているのが良い
雰囲気ですねとI様も気に入ったようで、汚れたときには
どうするんですか等を質問されてました。
リビングから続きの畳コーナーのスペースも気に入られた様で、
真剣なまなざしでご覧になっておりました。







そして、一通り見学が済んだ後は、コーヒーとシュークリームを
ご馳走になりながらS様よりお話を聞かせていただきます。
S様のお嬢様は以前住んでいたアパートが原因?で、アトピーと
ぜんそくを患っていました。
それが、今ではほとんど症状がでることが無く学校を休むこと
も無くなったそうです。
室内の空気環境のお陰ですと、力を入れて話す奥様の次の目標
は内装のクロスを漆喰に塗り替えることだそうです。
そのときには社長によろしくと意味深長な笑顔でおっしゃって
いました。
お子様の同じ悩みを持つI様も参考になる部分がかなりあった
ようで、予定の滞在時間を随分とオーバーしてしまいました。
S様、美味しいコーヒーとお話をありがとうございました。

最近はHPを見てショールームへお越しになるお客様が増え、
昨日も一組のご来場者がありました。
週末のショールームでは、建築中のお客様との打ち合わせが
ほとんどありますので、必然的に子供たちも来ています。
多いときには、各家族の子供たちが10人近く居合わせること
になりますが、いつの間にか仲良くなり遊んでいるのには
感心しきりです。
もうすぐ春休み、ショールームは月曜日だけ休館日となりました。
見学がまだ済んでいないお客様は、ぜひ一度お越しください。













by 川崎誠



昨年3月にお引渡した御殿場市のN邸に
1年点検と温度データの回収に伺いました。
お客様のご協力で1年に渡って
1時間毎の家中の温度を測らせていただいております。
この冬一番寒い日のデータをご覧ください。


2009年1月16日 7:00 外気温-5.5℃ですが
基礎断熱された床下の空気は12.5℃
1階の無人の部屋で13.0℃
一番寒そうに思われる洗面所のタイル床で14.0℃
(この時期は、深夜電力で床下空気用ヒーターを
24:00〜6:00だけ、弱運転したそうです)

1階と2階の室内温度差は1.5℃
2階と小屋裏の温度差に至っては、ナント1.0℃
放射冷却で早朝一番寒くなるはずの小屋裏収納が
家中で一番暖かい16.5℃で保たれているとは
高断熱高気密住宅ならではの逆転現象です。
(詳しくはホームページで)

電気代は、2世帯住宅のオール電化仕様で
この冬の最高で¥33000-/月
エアコンの運転時間を私のお勧めの
朝の時間帯に変えてみたら
¥28000-にセーブ出来たそうです。
灯油は全く使わなくなったそうで
同じ時期に新築したお友達のお宅の半分の燃料費ですよ
と笑ってお話しされていました。

いつお伺いしても富士山が素敵なN邸ですが
特に一昨日降った後ですので、
真新しい雪景色の富士山は
とてもすばらしい姿でした。






Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM