by 川崎 誠
前回は、住宅ローン減税の恩恵について、

最大限に利用できる方と
そうでもない方についてお伝えしました。


男性サラリーマンの平均年収540万円の方が、
住宅ローンの平均利用額約3200万円借入をした場合、

税負担軽減の金額は、99万円〜166万円となり、
政府発表の最大軽減金額の500万円とは
かなりの開きがあるというお話をしましたね。


今回は、住宅ローン減税に関連して、
いったい今、家を買うことが
はたして得なのかどうかという点について
考えてみたいと思います。


今回の住宅ローン減税の特徴は、
減税の最大金額が、
入居時期が遅くなるにつれて
小さくなる仕組みになっていることから、

2009年から2010年中に入居をしないと
メリットが減ると考えがちです。



しかし、実際はそうでもないのです。
入居を2011年に遅らせても、
減税額が減るケースは
かなり限られてくると言えるからです。

前回もお伝えした、平均的な男性サラリーマン
(年収540万円・ローンの借入額3200万円)の場合は、

影響を受けることはありません。



では、どのような方が、
急いで購入をしたほうが
お得になる可能性があるのでしょうか。


大和総研制度調査部の試算によると、

年収が900万円以上で
借入額が4500万円以上になる方の場合には

入居時期を2011年に遅らせることによる
減税額の縮小に、注意する必要があります。



ただ、この条件の方でさえも、不動産価格や借入金利が
今よりさらに下がるなら、
急いで購入しない方がお得になります。


税制は、一般論でいえば
個人の利益を優先するということではなく、

業界の利害を重視した形で
設計されることが多くなります。



今回の住宅ローン減税も
「大幅拡充」という掛声のもと、

景気対策として住宅需要を刺激したいとの
狙いがより強くこめられている印象があります。

個々の利用者にとって本当の恩恵がどれくらいあるのか
政策当局が十分に説明をすることがないのなら、

私たち消費者が一人ひとりが制度の仕組みをよく理解し、
考えて利用することが大切になるということでしょう。


あなたにとって、いつ入居することが
本当にお得になるのかをよく考え、

個々で判断できるよう、
知識を持つことが必要になります。




出典 中山恵理子さん&大和総研制度調査部

                              by斉藤 智

今朝の新聞に先週の視聴率ランキングが掲載されていました。
やはりと言うべきか、政治の討論番組などが上位にきており
新しい政権への期待度がうかがえます。
安心してマイホームが持てる社会になって欲しいですね。

午前中に火災保険の講習会へ行ってきました。
2010年1月から、火災保険が抜本的に改定をされる事になり
勉強会の初回です。
変更点はかなりあるのですが、いくつか私の気になった点を
書きたいと思います。

構造の区分について
省令準耐火建物(ツーバイフォー工法等)はコンクリート造や
鉄骨造の耐火構造と同一の扱いとなります。
このことにより、同じ木造の工法でも準耐火仕様にする・しない
の選択が火災保険・地震保険の掛け金に大きな差を生じます。

地震中途付帯の事務手続きが簡素に
入居後にやはり心配でと、地震保険に加入したい方には朗報です。
中途での地震保険手続きが簡単に出来るようになりますので、
地震保険の必要性をゆっくりと検討できます。

全面キャッシュレス化
いままでは現金をご用意いただいての火災保険契約が、銀行や
コンビニ払いになります。
お客様の面倒はなくなりますが、大事なお金を直接預かれなく
なるのは個人的に少しさみしい気がします。

他にも沢山の改正・改悪?点もありますので、ご興味のある方は
どうぞお気軽に問い合わせください。

先週は九州へ3日間、社員旅行に行ってきました。
交通アクセスは予想以上に良かった静岡空港から出発して、福岡・
大分・宮崎・熊本をゆっくりとバス旅行です。
想い出話しは沢山ありますが、今回は気に入っているスナップ写真
をご覧ください。
これは熊本の通潤橋で150年ほど前に造られた水路です。
普段は放水しないのですが、一緒のツアーに参加していた紳士が
○万円の大枚を出し、私たちも見ることが出来ました。






橋の上には手すりもありませんので、高所が苦手な方には
スリル満点です。
老築化も進んでいるようですが、ぜひ後世まで残してもらい
たい構造物でした。





                        by斉藤 智

台風一過、快晴の朝となりました。
明日から3日間、九州へ社員旅行に出かけるの
に合わせてくれた様な台風に感謝です。

さて、私たちにとっても大きな転換期となりそうな
政権交代の衆議院選挙となりました。
昨晩のTV番組でも民主党が掲げる沢山のマニフェスト
について、議論がされていましたね。
その中では話題にもならなかったのですが、住宅に
関わるマニフェストに
「建築物完成後の居室内の有害化学物質濃度測定
 を義務化し、基準を超えた場合には改善を求める」

といった文面が記されておりました。

この公約が実現できれば、シックハウス問題にとって
大きな一歩になりますのでぜひ実現してほしいですね。
自慢になってしまいますが、当社では10数年前から
一番厳しい数値に測定される検知管方式で自社測定
をしており、全棟が国の基準をクリアーしています。
※測定方式は数多くあり、結果に大きくばらつきがある
ということも注意が必要です。

ちなみにこの基準数値とは、国土交通省が定める
主な有害物質ホルムアルデヒドの空気中濃度が
0.08ppm以下が義務化。




少しわかりにくいですが、検査結果の写真です。

おかげさまで、沢山のOBのお客様から新しい家に入ってから
子供のアトピーが治ったなどの声を聞かせてもらえます。
家は快適で健康に過ごせるのが一番大事なことですから、
上記のマニフェストの実行を今後見守りたいと思います。








Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM