by 斉藤 智



日が暮れるのがずいぶんと早くなり、大工さんの残業時間が
少しだけ短くなりました。
私は何の花粉かわかりませんが、アレルギー症状が出てしまい
ティッシュペーパーが手放せない毎日です。

今朝、私宛に素敵なメールと写真が届きました。
それは今年の3月に竣工・ご入居された御殿場市のN様からで、
富士山の初冠雪をリビングから写した写真とメッセージです。





やはり富士山は雄大ですね。
こんなに素晴らしい景色が毎日リビング越しに見れるとは、
羨ましい限りです。
※3月のブログの中では同じアングルから私が撮った写真も
ありますのでぜひご覧下さい。

1月前に伺った際、近況などを聞かせていただきましたが大家族
がのびのびと暮らしているとご満足の様子でした。
中でも4歳?のお嬢ちゃんが良くしゃべり元気なのにはびっくり。
以前はこちらから話しかけるとお母さんの後ろに隠れてしまう
シャイなお子様でしたが、今はN家の中で一番元気でお母さんいわく
口を休むひまがなく疲れますとのこと。
子供は元気が一番だから良いことだとは思いますが、この変貌
ぶりは想定外だったようです。

20年以上前のバブル期に戻ったような円高になりました。
マイナスの側面も多いですが、輸入資材の値下がりに期待したい
と思います。

   


by 斉藤 智



秋晴れが続き、日中は半袖でも暑いくらいの毎日です。
わが町沼津市では市長選挙が始まり、応援カーがあちこちで
走り回っています。

本日は沼津市S邸の完成・お引渡しの入居説明を新宅にてさせて
いただきました。
S邸は1階が親世帯・2階を子世帯が住まう上下分離の二世帯住宅です。
施主さんのお言葉でどの部屋もお気に入りとの事ですが、一番の自慢が
二階のリビングルームだそうです。
天井を最大限に高くしたリビングは18畳の広さが20畳以上に感じるほど
開放感たっぷりの快適空間に仕上がりました。
南の大きな窓からは、駿河湾越しにスキューバダイビングで有名な
大瀬崎を望める最高の眺めが広がります。





これから空気の澄んだ季節を迎え、更にきれいに見えることでしょう。

ご入居に前に、住まい方の説明をさせていただくのですがこのお宅で
一番時間を要したのがシステムキッチンの使い方説明です。
初めて使うIHクッキングヒーターや食器洗い洗浄機の使用方法をメーカー
担当者から真剣に聞かれている奥様2人です。





一度に全てを覚えるのは難しいので、使っていくうちにどんどん上手に
なって行くことでしょう。
それでなくても、最近の住宅機器は電気化が進みこのお宅のリモコンの数
を確認したところ20個以上ありましたから全部を使いこなすには相当な
時間が必要です。
私たちも入居したばかりのお宅には出来るだけ頻繁に訪問をさせて
いただき、住まい方のアドバイスを心がけておりますが自分の家に
なったーと感じるには1ヶ月以上必要とお客様からは良く聞きます。

帰り間際にお聞きすると家族全員が100%満足する家になり、入居が待ち
遠しいとのことです。
初めてお会いしてから3年近く経ちますが、今日の奥様の満足した笑顔が
なによりもうれしく思えました。

あまり良いニュースを聞けませんが、住宅ローン減税の延長が決まりそう
なのが唯一のすくいでしょうか。

   











by 川崎誠



10月11日(土)
今日は、沼津市西椎路で完成した杉山邸の
室内換気量測定を実施しました。

平成15年7月シックハウス法が施行され、
機械換気装置を使い1時間当たり0.5回(2時間で1回)以上
家の中の空気を入れ替える事が
全ての住宅で義務付けとなりました。
(お寺やログハウスなど特殊な建築物を除きます)

当社では、シックハウス法の基準のみならず
高断熱・高気密住宅の先進国である
北欧や北米諸国の基準を参考に
太平洋側蒸暑地域の夏対策用として
1時間当たり1.2回〜1.5回まで換気出来る
24時間換気システムを標準採用しております。

測定方法は、下の写真のようなマノメーターと言う測定器を使います。


細長いノズルの先端を吸気口(排気口)に当てると、
マノメーターの右側の穴から空気が吸い込まれ、
圧力の差を検知します。
この圧力差データを専用ソフトで換気量に置き換えますと
家中全ての換気量が判ります。


今回測定したお宅は2世帯住宅で
建坪が60坪有りましたので、
第3種ダクト型換気システム×2セット
浴室用24時間換気扇×2台を使い
家中の空気の流れを計画しました。

換気量測定結果は、
ボリューム3では、1時間当たり0.7回(シックハウス法基準0.5回クリア)
ボリューム9では、1時間当たり1.42回(当社蒸暑対策基準1.2回クリア)でした
今回使用した換気システムには、
1〜9までのボリュームの調整が有りますので
設計時に入念に計画された室内の空気の流れや量を
四季を通じて的確にコントロールすることで
1〜2台のエアコンで、
冬はもちろん、真夏でも室内空間を快適に保ちます。

詳しくは、当社ホームページ内の
外断熱EHCシステムのコーナーをご覧いただくか
ご質問をいただければ私か技術担当よりお答えさせていただきます
また当社柳沢のショーハウスでは、
実大モデルで判りやすくご説明させて頂いております。

換気に関してお客様からよく頂くご質問は、
換気量が多すぎると省エネにならないのでは?
冬の冷たい外気がたくさん入りすぎて家の中が寒くならない?
吸気量が多いと花粉症に良くないのでは?
高気密住宅は、換気量を少なくしても良いって聞きましたが?などですが、
これらの内容は全て省エネ・安全に計画しておりますので
ご安心ください。
その他のご質問もメール・ファックス・電話で受け付けておりますので
お気軽になさってください。
http://www.nakanishicc.co.jp/index2.htm

      


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM