by 斉藤 智



二月とは思えないほど暖かな日が続いています。
地球温暖化で冬が一月ほど短くなっているように
感じるのは気のせいでしょうか。

昨日・一昨日と恒例のスキーツアーへお客様と一緒に
行ってきました。
今回は節目の10回目、行き先は昨年同様の赤倉温泉へ
参加人数はお客様35人・スタッフ家族22人と例年通り
の規模のツアーでした。

朝5時45分に本社前に集合でしたが、集合時間帯は冬の嵐
の真っ只中で大きな荷物をバスに詰め込むのも一苦労でし
たが、なんとか予定通りに出発出来ました。
バスの中から景色を見ていると、暖冬・雪不足は間違いない
ようで長野県に入っても山々には雪が積もっていないのです。
隣の席のM様には、行く山には雪はあるんですかねと心配顔
で質問されるほどです。
午前11時予定通りにホテルへ到着。さすが赤倉で雪はたっぷり
と積もっており、子供たちも大はしゃぎです。

記念写真をホテル前で撮ってから、スキー班と観光班へ別れ
出発です。



私は勿論?観光班ですが、今回は参加者も多く13人での観光ツアー
へバスで出かけました。
目的地は善光寺、すでに酩酊状態に入っているスーパーバイザー
の上田を筆頭にかなりお酒が入っている現場スタッフもおります。
善光寺なんて見ないぞーと息巻いていた上田もさすがにスーパー
大工、古の大建造物を見ると黙っていられずにあの梁は○○だ等
熱心に見学しておりました。





見学後はお寺の近くの横丁で美味しいそばをM様ご夫婦と一緒に
お腹いっぱい食べて、つぎの目的地ナウマンゾウ博物館へ出発です。
飲み疲れのスタッフ達は目的地についてもバスから降りずに、
お客様と私だけでの見学となりました。
こじんまりとした博物館ですが、中々勉強になることも多く
遺跡発掘の様子など楽しく見学をしました。



午後4時30分ホテルへ戻り、夜の宴会に備えてしばしの休息です。
スキー班の様子を帰ってきた川村君に聞くと、パウダースノーとは
いかないものの空いていて滑りやすかったとの事でした。
そして、6時から宴会がスタート。
お客様と一緒に大いに飲んで・食べて昔話で盛り上がります。





当然の事、一次会で終わりではなく二次会へ突入です。
お客様同士もいつの間にか仲良くなって、二次会の会場には
誘い合わせるように見えました。
子供たちもジュースやお菓子を食べながら、カラオケを熱唱
しています。
去年の大ヒット曲ポニョも歌ってくれて、やはりこの曲は子供
が歌うものだと酔いながらも感心しました。
ワイン・焼酎・ウイスキーなど何本飲んだでしょう。
わたしも宴会後半での記憶が無くなってしまい、失礼なことを
しなかったか心配でたまりませんが無礼講ということでお許し
ください。





そして、夜12時ころにお開きとなったということですが、翌日の
ツアーの様子は後日UPしたいと思います。









by 川崎誠



昨年末にお引渡しました沼津市松長のW様から 
近況メールをいただきました。

原文より抜粋

大匠 小林様、吉田様
いつもお世話になっております。
松長のWです。
この前はありがとうございました。〜

我が家はとても快適です。なんせ平日は朝6時から7時くらいまで
エアコンをつけておくだけで、夜はほとんどエアコンはつけません。
今日はさすがに朝エアコンをつけなかったので今つけてますけどね。
電気代は今月末にならないとどのくらいかわかりませんが・・・ 〜
                     (土)22:41


このお宅は、リビングに4畳大の吹き抜けが有り、
吹抜けと階段でそのまま11畳大の2階ホールへと繋がっています。
合計37畳の大空間を16畳用のエアコン1台で暮らしています。
それも朝の1時間だけの微暖房運転で。
今年のお正月もそうでした。

最新の建築技術と高性能な建築資材を使い、
遮熱・断熱・気密・換気工事を適切に設計し、
とことんまで丁寧に施工しますと
ちょっと聞いただけでは信じられない程の
快適な住宅が出来上がります。
ぜひ一度当社体感ハウスでご体感ください。

今日も新しいお客様がお越しになり、お話を伺いましたが、
どの住宅会社に聞いてもリビングからの階段やリビングの吹き抜けは、
エアコンの効率が悪くなるので止めましょうと言われたそうです。

「そんな事ないんですよ。遮熱断熱&気密をしっかり施工して
ある一定以上の空気を家中キチンと流してあげると
階段や吹き抜けが有った方が、かえって家中同じ温度になるんですよ。」
とご説明すると、
「えっ!そうなんですか」
と驚いていらっしゃいました。

この分では私達は、まだまだホンモノの高性能住宅
語り続けなければならないようです。






  

by 斉藤 智



この暖かさで早くもスギ花粉が飛んできたようです。
敏感なお客さまといよいよ始りますねと、顔を見合わせて
しまいました。
あまり苦しまないで乗り切れることを願うばかりです。

今日はご入居されてから6年ほど経つ裾野市のW様宅へ
工具を持ってお邪魔しました。
このお宅では、ダイニングテーブルを当社が代理店の
Vas Plus社製品を採用されました。

http://www.n-remodel.com/vasplus1.htm

このメーカーはフィンランドにありまして、柔らかな
質感が人気のパイン材を主に使用しています。
そして、このメーカーのコンセプトがライフサイクルに
合わせて家具も変化させて下さいと組み替えが自由に
なることです。
わかりやすく説明をさせていただきますと、仮に小学校
へ入学したときに学習机を購入し学年が上がるごとに
本棚が多く必要になるとします。
この場合には本棚が不足だなという時期に追加で本棚だけ
オーダーし組み込めるという中々便利な商品です。
又、北欧の安全基準で作られていますのでシックハウス
の心配が皆無というのも魅力の一つです。

少し前置きが長くなってしまいましたが本題に入ります。
W様も6年前はお子様が一人でしたので、広いダイニング
テーブルは不要でカウンター式として設置しました。



それから6年近く経ち、元気なお子様も3人に増えました。
そろそろ、食卓を大きくしないと手狭だねと感じたご主人
からの依頼で伺ったしだいです。
工事自体は簡単、ビスをはずしてテーブルのレイアウト
を変えるだけと私でも出来ると張り切って出かけたのは
よいのですが.....

ビスをはずしレイアウトが変わり、奥さまと広く使えま
すねと話をしている最中に二番目のお兄ちゃんがテーブル
によじ登ります。
するとテーブルの安定感が無く、お兄ちゃんがずり落ち
そうになっています。
なんだと思い下を覗くと 『あっ!足がない』レイアウト
の関係でテーブルを支える足が2本追加で必要だったのです。





これは危ないので、元に戻しましょうと苦笑いで奥様にも
手伝ってもらい今日の移動は中止です。
足が届いてから工事させてもらいますと、一週間ほどの
時間をいただきました。
うーん!途中で気が付きそうなのですが、いけませんでした。
段取りが悪いことも合わせて猛反省です。

その後、奥様と少し雑談をさせていただき子育ての様子など
近況をうかがいました。
元気な子供たちを優しく見守るお母さんの顔が素敵でした。


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM