by川崎 誠

沼津市沼北町T邸の現場に
四国からひのきの和建具が届きました。

四国土佐地方は、
静岡以上にひのきの産地で、
比較的緩やかな山に植林されている為
伐採がしやすい環境であり、
現在もひのきを加工した
建具の製作が盛んです。

こちらは、
和室の入口の建具です。
紙を張っていないので、
和室内部が透けていますので、
手前のリビングとの一体感が、
損なわれません。
NEC_0099-2.JPG

開けるとこんな感じです。
NEC_0100-2.JPG
この後、国産いぐさを使った
本畳を設置します。


地元静岡も
富士ひのきや天城でもひのきが
戦後の時期に、沢山植林されましたが、
伐採がしにくい急斜面での植林が多く、
ひのきや杉の有効活用が
あまりされていないのが残念です。

土佐では、
若い建具職人さんもとても多く、
この和建具も沼津でオーダーするよりも
かなりリーズナブルです。
地元の建具屋さん、がんばりましょう!!



             by川崎 誠

沼津市沼北町で
プランニング(間仕切りの大変更)
リフォームをしているT邸です。
トイレの中のオリジナルカウンターが
完成しました。

カウンターを無垢の集成板で作りました。
ボウルは、輸入ボウルです。
扉は付けずに棚板だけ付けた
オープンカウンターです。
花柄のボウルに合わせ、
クロスも選びました。

NEC_0102-2.JPG


製作中は、こんな感じです。
先に穴あけしたカウンターを取り付け、
後から棚板を取り付けます。
デザインや仕様により、
取り付けの順序も変わります。
NEC_0063-2.JPG
カウンターに使った集成板は、
安い時に纏め買いして保管しています。
下請けに任せず、
社員大工が、カットから組み立てまで
責任を持って行いますので、
自由なカタチで製作出来ます。

                                      by 斉藤智

サッカー好きとしては、今朝のなでしこ戦を見逃す訳には

いかないので、早起きをして最後まで見ました。

結果は残念でしたが、キックオフから最後まで走りきった

選手の姿には何一つ文句はありません。

今日は男子か〜と楽しみなのですが、そろそろの睡眠不足に

果たして早起きが出来るのか?目覚ましは最大音量にして

乗り切りたいと思います。

 

一昨日、計画中のお客様をOB宅へご案内するミニツアーへ

行ってきました。

参加者はこれから建設予定のT様と娘さん&お子様の3世代

です。二世帯住宅では無いT邸ですが、娘さんもご一緒して

くれたのには理由がありまして、T様を紹介してくれたのが

同じく工務店選びをしていた娘様ご夫婦だったからです。

娘様宅は敷地の関係で数年先の計画になりましたが、本日は
お母様のアドバイザー役としてのご参加です。

先日、どの様なお宅をご案内しましょうか?と聞きますと
【和風モダンな家】が見たいとのお返事でした。
「わかりました」と即答はしましたが、これが中々の難問
で、そのお客様が思っている和風モダンがどの様なイメージ
なのか、言葉自体があいまいなので見せてもらうOB宅の選別
にも結構迷ったりします。
今回は外観を2邸、内覧を沼津市のI邸へお願いすることに
設計部と打ち合わせして決めました。

まずは外観の2邸を見ていただくと、雰囲気はとても良いの
だけれど、T様のお考えのイメージとは微妙に違うとの事。
うーん。折角だから、お好みの外観イメージを知りたいと
思っていると娘さんから「あの家を見てもらったら」と
ナイスフォローが入りまして、急きょ予定変更してその家
を見に行く事に。さすが娘さん、お母様の好みを完ぺきに
把握しています。お母様のこだわりが実は外壁の色目と窓
の大きさにあることが良くわかりました。
この家を造った会社さんへ「すみません。参考にするのは
色だけなので」と心の中で謝って勘弁してもらいました。

さて、内覧をさせてもらったI邸での話に変わります。
こちらは、ご要望のイメージ以上に気に入っていただけた
様で、ご一行様全員に気に入ってもらえる事が出来ました。
カフェスタイルのキッチンや腰掛けられる様に高く設計し
た和室、どれもがお気に入りの様子で一安心。
オーナーのI様奥様も絶妙なトークで、私の必要な時間が
ほとんど無く営業マン?としては少し寂しかったです。
連れていったお兄ちゃんの面倒もI様の子供たちが、保母
さん代わりに見てくれて、お宅を後にする際には帰りたく
ないと泣き出すほどでした。








家具チェックマンの私が今回見つけたのは、ゴミ箱兼用
ベンチでした。「何で写真撮るの?」と言われてしまい
ましたが、UPさせてもらいます。
それが、下の写真の手ずくり家具でして、キッチン横に
置いてあるベンチのふたを開けると、分別ゴミ対応のゴミ
箱に変身する優れ物家具でした。
新築時に、リビングテーブルなどを製作依頼した家具屋さん
に作ってもらったそうで、中々の一品でございました。





楽しいツアーが終わり、沼北ショールームに移動して
プランと見積もりを見ていただきました。
今回は少し予算オーバーをしてしまいましたので、プラン
変更に入らせてもらいます。
打ち合わせ中に、これからの新居でお客様に決めていた
だく事を説明していますと「そんなに沢山の中から決め
なければいけないんですか〜」のお母様の悲鳴には、私
が手伝うから大丈夫と、ここでも娘さんの心強いお言葉
がありました。
これからが楽しみのT邸です。



                   by川 誠

パナソニックより、掃除のいらない便利な
洗浄便器「アラウーノ」に
手洗い付が新登場します。(2月21日予定)

新設計のノズル方式の採用で
標準仕様でも低水圧に設置が可能になる
モデルチェンジと同時に
タンクレス便器と同じスペースで設置できる
手洗い付便器もラインナップされます。

19a5bcecab67e3cafdc1d9757a52ef2e.jpg

デザイン面では、タンクレストと比べ
すっきり感が無くなる事は否めませんね。

デザイン重視の方には、
こんな手洗い器もお奨めです。
陶器の品質は、世界でトップレベルの
台湾製ですので安心です。
ambestbath_hq-img600x600-1322213581s8cak787077.jpg


                by川 誠

明日明後日の完成見学会の準備の為、
富士宮市外神のY邸新築工事の現場に来ました。
持ってきた温湿度計でサッシ性能の実験をしてみました。

NEC_0297-2.JPG
外気温度 6.3℃
室温   22.2℃真ん中の段の数字です。
      (エアコン20℃の暖房運転中)


NEC_0299-2.JPG
ガラス面の温度は21.8℃と
室温に比べて0.4℃しか寒くありません。
お分かりの通り、カーテンやブラインドは、
まだ設置していません。
当社で標準で使っている
遮熱断熱ペアガラス(LowE2)レベルになりますと
こんな事が当たり前になります。

たいした差じゃ無いんじゃない?
と思われますが、
家一軒となりますと
とんでもない性能の差になってしまいます。
ぜひ体感ください。

現場住所 富士宮市外神
構造    ツーバイフォー工法
仕様    無垢内装仕上げ
設計    大匠一級建築士事務所
施工    中西工務店

                  by川 誠

沼津市岡宮で昨日行った構造見学会の会場でのひとコマです。

IMG_0941-2.jpg
(私川崎が、来場者のA様に小屋裏で説明している所です。
温度計は、小屋裏の室温を計測中です。)
川「Aさん、今現在小屋裏の空気の温度は、
16.3℃ですよね。(外気温も約17℃でした)」

IMG_0943-2.jpg
(今度は野地板(屋根の下地用合板)の裏面の温度を
赤外線温度計で計っています。温度計の上に見える
赤い丸の部分の温度を測定します。)

川「今日は晴れているので、
屋根の裏側の野地裏の表面温度は、
35℃を超えていますよね。
真夏では、この部分の温度が
80℃を超えてしまうんです。」

IMG_0944-2.jpg
(今度は、垂木の下に張られた特殊アルミシートの
表面温度を測っています。)

川「でもこの特殊なアルミシートの内側の
表面温度は18.5度まで下っていますよね。」
(A様、感心!)

当社では、天井面に高性能グラスウールの断熱材を
18cmの厚みで敷き詰めてありますが、
それでも昨年、一昨年の様な40℃近い猛暑日が続きますと、
断熱材のオーバーヒートが起こってしまいます。
そこで断熱材への負担を少しでも減らす為、
遮熱材を屋根面に施工して断熱材へのストレスを
少なくしています。


構造現場見学会では、
普段見れない構造・遮熱・断熱などについて
温度計や各種サンプルを使い
技術を判りやすく説明をしています。

来週12/3.4も同じく
沼津市岡宮の2現場で同時に
構造見学会を行っていますので、
ぜひお越しください。

現場 I邸新築工事
    S邸新築工事
住所 沼津市岡宮
構造 ツーバイフォー工法
仕様 長期優良住宅
設計 大匠一級建築士事務所
施工 中西工務店




                   by川 誠

富士宮市北山の新築住宅
注文住宅のW邸の現場に
配送と現場のチェックに行ってきました。

IMG_0639-2.jpg

このお宅では、階段の収めが難しく、
担当の社員大工の根上さんが、四苦八苦しながら
施工していました。
IMG_0645-2.jpg
と言いますのも、
このお宅には、階段を支える
壁や柱が真ん中にありません。

ですので、下から階段を組み上げていくのではなく
最初に踊場をガッチリ作り、
そこに階段を掛けて行くという順番で、
組んでいきます。

当社では、国際基準のゆったりした階段が標準です。
ですので、とても面倒なのですが、
一邸一邸無垢の階段材料を注文して
現場で加工して組んでいます。
ぜひ見学会やショールームで
その使いやすさをお試しください。

現場 W邸新築工事
住所 富士宮市北山
構造 ツーバイフォー工法
仕様 高基礎断熱床下収納収納
設計 大匠一級建築士事務所
施工 中西工務店



                   by 斉藤智

先日の大雨は凄かったです。
高速道路を走っている最中のゲリラ豪雨でしたので、
特に恐く感じました。
雨の多かった夏も、もうすぐ終わりですね。

昨日、OBのT様宅へ小さなリフォーム工事の打ち合わせへ
行ってきました。
早いもので、T様とのお付き合いも10年近くなりまして、今回
伺ったのは24時間の換気装置についてのことでした。
建築当時はまだ少なかった、ダクト方式の集中換気システム
をT邸では採用しています。
その機械は電気モーターで動いていますが、経年変化により
モーターの力が落ち、換気量が少なくなってきたのが先日の
調査でわかりました。
高気密・高断熱の快適生活に慣れきったT様に、どうしても
解決してほしいとのご要望を受け、機械本体を最新の機種に
交換する提案をさせていただきました。



上の写真が換気本体の装置ですが、ダクトから下の
本体のみ交換して電気配線工事も合わせて行えば、
二時間ほどの作業で終了します。
そして、T様を喜ばせる事は換気本体の能力が10年
前より二倍ほど高性能になりましたので、更に快適に
生活できるちいうことでした。
※ACモーターからDCモーターになりますので電気代
も安くなります
交換の費用も多少掛かりますが、性能が良くなるのなら
一日でも早くと来週の土曜日に工事することになりました。

帰り間際に雑談をさせてもらうと、上のお嬢様も中学2
年生になり、来年はいよいよ高校受験だそうです。
奥様から 「我が家も子供部屋の間仕切り工事が
必要になりそうなので又お願いします」と言われ、受験生
を持つ親御さんはやはり大変ですね。
計画時には幼稚園に通っていたのにと、いつもながら
時間の経つ早さには驚きです。

10月の社員旅行が大阪行きに決まりました。
ユニバーサルスタジオOR市内観光にするかを選べる
のですが、どちらも捨てがたく決めかねています。
誰か良いアドバイスをお願いします。




                   by川 誠

富士宮市で建築中の注文住宅
大規模リモデリング
E邸の

屋根工事のチェックに行きました。
工事前の打合せや工事中の現場管理は
現場監督や担当設計が行いますので、
私が現場に行った時には、
こんな所が間違っていないかをチェックします。

IMG_0468-2.jpg

IMG_0473-2.jpg

瓦の原材料は土ですので、
廃版になった10年前の製品と同じ色で
焼いてもらいましたが、
若干の色の違いが発生します。
(古い瓦の色の褪めもあります)


IMG_0476-2.jpg
瓦と瓦の間からは、雨水が裏側に
進入してきますので、
アスファルト製の下張り材や
こんな風に雨水の通り道を作り、
雨水が屋根の中に入って来ない様にします。
この雨水の通り道がつぶれていないか
チェックします。
(つぶれてしまうと、雨水があふれてしまい、
雨漏りを起こす原因になります)

IMG_0477-2.jpg
こういう細かい部分の水切り板金工事こそ
細心の注意が必要です。

現場住所 富士宮市羽鮒(旧芝川町)
構造    ツーバイフォー工法
仕様    輸入住宅仕様大規模リモデリング仕様
設計    大匠一級建築士事務所
施工    中西工務店


                  by川 誠

富士宮の地震の影響で、
瓦屋さんの工程が大変遅れています。
特に補修工事はお待たせしております。

先日やっと沼津市のNさんのお宅の
屋根瓦の補修をする事が出来ました。
築70年を超えるお宅で
昔からの施工方法でワイヤーで
棟瓦を固定してあったのですが、
緩んでしまっており、棟瓦が崩れてしまいました。

一度棟瓦を外してから、耐震金物を使い、
棟瓦は、まだまだ使えましたので再利用しました。

補修前
IMG_0428-2.jpg

補修工事中
IMG_0552-2.jpg

耐震金物を取り付けし終わりますと
外から見ただけで全く判らなくなってしまいます。
又、当社では、地震での影響がご心配のお宅には、
軽量の金属瓦(ガルバリウム製)への葺替えも
お薦めしております。


このお宅では、昨年床下と天井裏に
アイシネンを使った断熱リフォーム工事
行いました。
工事をした後の昨年の夏と今年の冬は、
以前とは全く別世界の様で快適に
過ごせましたとの感想を
80歳代のおじいさんおばあさんからお聞きしました。

お客様の感謝のお言葉が私たちの励みになります。
ありがとうございました。





Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM