by川 誠

富士宮市羽鮒でリモデリング中の
完全自由設計の大規模リモデリング
注文住宅のE様邸に
カントリー家具がやってきました。

注文住宅の我が家に来た家具、
デザインも色々
さてこれからどういう使い方をするのか
楽しみです。

神戸の工房へ注文した
テーブルももうじき到着するそうです。

IMG_0922-2.jpg


今日は、静岡第一テレビの
撮影がありました。
私と設計担当の小林が
インタビューを受けたのですが、
初めてのテレビカメラでの撮影なので
緊張しました。

IMG_0923-2.jpg

29日の静岡まるごとワイドという番組で
1分位紹介されるそうです。
17:30頃なので、よろしければご覧ください。

現場 E邸リモデリング工事
現場 富士宮市羽鮒
構造 ツーバイフォー工法
設計 大匠一級建築士事務所
施工 中西工務店



                     by斉藤 智

4年ぶりの台風上陸は、やはり凄かったですね。
OB宅では大きな被害が無く良かったのですが、
当事務所の外壁が飛んでしまう事態がありまして
スタッフ一同で苦笑いをしました。

昨日、沼津市内のW邸へ定期点検に行ってきました。
入居6年目に入ったW邸も先日の台風の強風で庭木
が倒れそうになったりと大変だったそうです。
お引越しの時に植えた記念樹もすっかり大きくなり、
私の背をはるかに超えていました。



さて、点検です。
最初に外回りを見させてもらいましたが異常なし。
大きなサンデッキもご主人がDIYでペンキを定期的に
塗っていますので、傷んでいる所が有りません。
芝生も奇麗に刈り揃えられており、満点のお庭です。

続いて室内へ入らせていただくと、「こんにちわー」
と元気な声でお兄ちゃんとお嬢さんが出迎えて
くれました。
真黒に日焼けした二人は、サッカーに夢中だそうで
今日の午後には試合もあるそうです。
エスパルスとなでしこを目指して頑張ってください。

室内の気になる所をお聞きした後は、メインの床下点検
に入らせていただきます。
点検は床下点検ロボットで行いますが、子供2人も
興味津々のようで、ロボットと一緒に床下へ潜って行く
のには私もビックリ。
さすが、体が柔らかいと違いますね。



点検ロボットの唯一の弱点は、暗闇の中で方向が
わからなくなってしまうことです。
しかし、今日に限っては心配は御無用。
道に迷うと、お兄ちゃんが点検口から懐中電灯で照らし
てくれるので灯台のように安心でした。
点検の結果、床下も全く問題無しで一安心です。





    パソコンモニターの前で記念写真をパチリと

全ての点検が終わりました。大きな問題も無く、私が
直せなかった所は後日工事部の竹村君に行ってもらう
ことになりました。
「入居してからあっという間の5年間でした」とご主人。
いつ伺っても家族仲良しのW邸は、訪問するのがとても
楽しみな一邸です。


                 by 川 誠

2008年7月に引渡しした
完全自由設計の注文住宅
小山町のS邸に伺いました。

当社で輸入した洗面化粧台の水栓から
お湯が止まらないから見て欲しいと
お電話を頂いての訪問です。

2〜3日前からお湯がチョロチョロ
出たままで止まらないとの内容でしたが、
私が伺った時には、大丈夫でした。

多分、細かい異物等が水栓のコマに
悪さをしていたのかと思われます。
一応、水栓の蛇口のフィルターの
掃除の仕方をご説明した後、
家全体を点検しました。

3年位経ちますと
こんな所にご注意いただきたいという
内容を書き出しますので、
ご参考になさってください。


IMG_0384-2.jpg


まずは、ウッドデッキや木製外階段、
IMG_0386-2.jpg
湿気が原因の、腐れやシロアリの被害を
チェックします。特にこのお宅では、
お庭に植えた芝生が外階段の下まで
広がっておりましたので、刈り取りが必要です。


次にサッシの排水口をチェックします。
IMG_0387-2.jpg
特に廻りに空き地や畑がありますと
窓に当たった土ぼこりが、排水口で
固まってしまうことがありますので、
キチンと排水されているか確認が必要です。


おや?見上げるとツバメではないか、
IMG_0385-2.jpg
新居に慣れた頃に訪れるのがツバメです。
ツバメが来て巣を作るのは縁起が良いと
言われますが、一面糞の始末が大変ですね。
このお宅では、ルームドライヤー(除湿機)の
排気口の上に巣を作っていましたが、
排気口を塞いでいませんでしたので、
ご相談の上、プラス思考のお考えで
そのままにしておくことになりました。

ツバメが巣を作りそうな場所に事前に塗っておく、
「ツバメ忌避材」も前回のお宅では、効果がありました。


最後に床下のチェックです。
IMG_0393-2.jpg
コンクリートの打ち継ぎ部、
配管の貫通部、基礎と土台の接触面などを
チェックします。

除いてみると、20度前後の温度で、
清清しい床下でした。
基礎断熱+地熱活用の効果には、毎回驚きます。


上吊りタイプのパンハンガーを
上手にお使いでした。
(普段は、携帯電話などもお掛けだそうです)
IMG_0394-2.jpg

住所 小山町菅沼
工法 高性能ツーバイフォー工法
仕様 完全自由設計 無垢内装仕上げ
設備 無垢扉オリジナル製作システムキッチン
    輸入洗面化粧台
換気 蒸暑地域対応ダクト型第三種換気システム


                  By川 誠

2009年11月に引き渡ししました
沼津市千本のK邸に伺いました。
24時間換気システム夏モードと
省エネなエアコン運転のご説明が目的です。

このお宅では、昨年の真夏の2週間程度、
外部からの受熱量が我々の想定を超えてしまいましたので、
小屋裏空間の通気量を多くする為、
ガラリをつけさせていただきました。

普段の昼間は、奥様と0才児のお子様がお住まいですので
エアコンは、リビングの1台の運転で十分です。
地熱を活用して25℃〜26℃で取り込まれた外気を
エアコンで除湿して、2階まで送っています。
設定は、26〜28℃、50%の冷房除湿運転で、
省エネで十分快適になります。
この温度、湿度に空調されますと、
室内でじっとしている方には、少し肌寒く感じるかもしれません。

今年は、奥様が室温を計ってくれていて、
沼津市でも最高気温が35℃を超えた6/29は、
小屋裏の温度が、最高で38℃だったそうです。
それでも午前中は涼しく、38℃になったのは、
午後2時前後の数時間だけだったそうで、
夕方になると温度は、見る見る下がってきて
夜からは十分小屋裏に居れたそうです。

エアコン無しでも、小屋裏が外気温と同じ性能にする。

という地味でいてとても難しい課題をクリアすべく
当社で実践している夏対策遮熱施工の結果が、
うまく機能していると考えます。


K邸では、空気の流れを更に効率良くする為に
24時間換気システムの最大能力運転と
2階での排気量を増やす調整を行いました。

その上で、
2階のホールがお兄ちゃんの遊び場になってきて
汗だくになるので、
小型のエアコンを設置しようか迷っているそうです。


帰りがけに、
春先に植えたメインツリーのイロハモミジが
きれいに葉付きましたので、カメラでパッチ!IMG_0427-2.jpg

庭のお花も元気一杯です。
IMG_0429-2.jpg

住所 沼津市千本郷林
工法 高性能ツーバイフォー工法
仕様 無垢内装仕様
換気 蒸暑地域対応ダクト型第三種換気システム



                    by川崎 誠

先日、外壁リフォームをした三島市のT様邸で
「そろそろ枇杷の実が熟してきたので
よろしければ取っていって下さい。」
とのお電話。

工事中は、少し早かったので
熟れ頃になったらお電話を頂く事になっていました。
早速、我が家の悪がき2人を引き連れ
はしごを持って参上。

三島の街中で生まれ育った2人、
勝って知ったる源平川の雷井戸の
直ぐ近くと聞いて妙なはしゃぎようでした。

小1時間の収穫で、
こんなに枇杷が収穫出来ました。
お客様とご近所と会社とそして我が家で
ご相伴になりました。

筒井邸枇杷2.JPG

追伸
昨日、家に帰ると妻が、
「今日、枇杷を頂きました・・・」
偶然は重なるってホントですね。

                 by川 誠

2011年4月にお引渡しました
三島市青木のS様のお宅
「プロの友達とつくったお庭」が
芝生まで完成したとお聞きして
伺ってきました。

カバードポーチが特徴の
コロニアルスタイルのS邸にマッチした
エクステリアのデザインになっていました。

お庭の工事中も見せてもらいましたが、
元来手先が器用なSさん、
プロの友達に指導を受けながら
見事にDIYでブロック積みをしていました。

丁度いい時期で芝生も元気です。
左側の花壇は、お嬢ちゃんも手伝って
つくりました。
IMG_0659-2.jpg

全景です。
IMG_0658-2.jpg

アプローチは、少しカーブさせました。
IMG_0660-2.jpg


庭の完成を待って、プロのカメラマンに
撮影してもらいますので、もう少々お待ちください。

当社で施工したお庭は、
http://www.n-remodel.com/gallery/gallery.html
をご覧ください。

                     by 斉藤智

昨日、岩手の現場から大工スタッフの2人が
帰ってきました。
話を少し聞きましたが、被災現場の状況はテレビで
見る映像以上に凄まじくショックを受けたそうです。
月並みですが、早い復興をお祈りいたします。

入居3か月が経つN邸へ行ってきました。
外構の工事も終わり、引き渡しの時よりすっきりと
した印象を受けました。
N様は家具から食器類にいたるまで造詣の深い方で、
期待していた以上に室内は決まっていました。
以前伺った時に出せなかったからと、美味しい紅茶
をいただきながら、色々と話を伺います。

住んでから3カ月経っての感想は、一言で言うと
「静かな家」だそうです。
交通量の激しい道路に隣接しているため、以前の
住まいは騒音に悩まされていたそうです。
その問題が新しい家では解消され、ご家族の皆様
もゆっくりとお休みになれると喜んでおられました。
他には、エアコンを使うことなく快適に過ごせる断熱
性能の高さにも驚きの様で、「今年の夏は省エネで
過ごせそうです」とコメントもいただけました。











全体をアンティーク調でまとめられたインテリアに
絵や花などが調和良くアクセントになっています。
入居3カ月でここまで綺麗なお宅は中々無いと、
大変に感心しました。

明日からGWの代休をもらって、名古屋の科学館に
行ってきます。
新しいプラネタリウムが、どのくらい迫力があるのか
とても楽しみです。



                   by川崎 誠

昨年末にお引渡ししました三島のM様邸で、
ご入居後に少しずつ施工してきました
漆喰の補修工事が完了いたしました。

M様のお宅では、
施工前に見ていただきました仕上げサンプルと
実際に塗った模様がイメージと異なった事から
内装の漆喰塗りを再度行いました。
左官仕上げは、人の手で仕上る為
ごくまれにですが、イメージと仕上げが違ってしまうことが
発生してしまいます。

M様からも、
「急がないのでゆっくり丁寧にやってください。」
と言われており、
又一部屋毎に、ご都合に合わせて施工いたしましたので
時間が掛かってしまいましたが
先日全て完了いたしました。

再施工後の仕上がりには、
M様からもGOOD!
との言葉を頂きました。

落ち着きましたら
ご入居後のインタビューにお邪魔させてください。
(ちなみに3月にお伺いした時にお聞きした所
今年の冬は、朝1階の寝室で
全く暖房の必要がありませんでした。
建替前の家では、毎朝暖房をつけていました。
との事でした。
一点、予想外の出来事は、
大好きなバラの花を家の中に置いておくと
直ぐに花が開いてしまい、
楽しみが短くなってしまった事だそうです。
バラさん、家中暖かすぎてゴメンナサイ!)



                      by 斉藤智

大型連休も明日が最終日となりました。
伊豆の観光地も少し客足が戻ってきたとも聞きますが、
車の渋滞も例年より少なく感じます。
ガソリンの値段が高い影響も有り、お出かけを控えて
いるお宅も多いのでしょうか。

遊びだけでなく、連休を利用して家のお手入れを頑張る
お宅も多くのではないでしょうか。
今日はその二つの家を訪問しました。

最初のお宅は竣工8年が過ぎたT邸で、玄関アプローチ
の階段をご主人が塗装中でした。



大きなサンデッキが自慢のT様ですが、2年ほどサボって
しまい一部が傷んでしまいました。
「自分で交換するから、ちょっと来てよ」と見させてもらうと
床の二本だけ交換すれば大丈夫の様です。
木製のサンデッキはすぐに傷むからと、敬遠する人も多い
ですが、年に一度の簡単塗装をすれば恐ろしい程長持ち
するのをご存知でしょうか。
それと傷んで交換する場合も全部が駄目になるという場合
は少なく、T邸と同じように2.3本の交換で済むケースが
ほとんどなので積極的に採用してみてはいかがですか。
素足で歩くサンデッキの感触はgoodですよ。
建築時は幼稚園児だったお兄ちゃんも中学生で、サッカー
を頑張っているそうで昔話に花が咲き、帰りには沖縄土産
までいただきありがとうございました。

次の訪問先は清水町のM邸です。
行くと、お父さんと子供たちで玄関前の木製手すりを塗装
する準備をしていました。
ペンキ塗装は塗る所以外に付かないようにする養生が大事
で、今日は風も無く絶好の天気です。
お父さんが新聞紙を使って丁寧に敷きこんでいるのを、
お兄ちゃん2人がお手伝いをしています。
その姿を見ていると、これからもきっと家を大事にしてくれる
んだろうなと、とても嬉しく思いました。





来週から二つの現場で工事が始まります。
工事部が忙しくなりますので、出来るだけ資材の運搬等
手伝いたいと思います。





                   BY川崎 誠

2009年5月に引き渡ししました
御殿場のk様邸に定期点検に伺いました。

洗面化粧台の流れが悪いとのことで様子を見ましたら、
付属のヘヤーキャッチャー(髪の毛を流さないようにする
フィルター)を外してお使いになっていた為、
排水口に髪の毛が詰まってしまい、
排水の流れが悪くなっておりました。
髪の毛等のゴミを取り除き、
ヘヤーキャッチャーを使っていただく事で解決。

ご両親さんの寝室から
トイレ〜洗面所〜脱衣室〜浴室と
ストレートに動ける動線にしましたが、
とても使いやすくて、気に入っているそうです。
寝室とトイレの間仕切り用のポケットドアの
吊り金物が少し伸びてしまい、
ドアと枠に隙間が出来ていたので
金物を締めて調整完了、
技術屋のお父さん、ずっと見ていて
補修方法を一回で会得、
「次からは自分で出来るね。ありがとう」


DSCF0051-3.jpg
とても便利な動線と好評

IMG_5795-2.jpg
普段はオープンにしていますが、

IMG_5793-2.jpg
お客様が来たらこの通り。


このお宅は、築20年超の2世帯住宅で、
冬の寒さがとてもつらく、
若夫婦が、ホームページで
当社の断熱リフォームに興味をもたれてからの
お付き合いです。
床下と天井裏にアイシネン(発砲系断熱材)を
吹付け、サッシもLowE2レベルの
高性能なサッシに交換しました。

ご両親さんにお聞きしたら
玄関においてあった灯油ストーブが
要らなくなった事、冬の朝ストーブを付ける火が
半分以下になった事、電気代灯油代がとても少なく
とても省エネになった事などお聞きしました。
2009年に引渡ししましたお宅の実際のデータです。
サーモクロン(連続3000回以上温度データ測定出来る
温度センサー)を使った詳しい報告は、こちら





Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM