by 斉藤 智

五月晴れの土曜日、恒例の地引網&バーベキュー大会を
沼津市千本浜海岸で開催しました。
昨年は雨でバーベキューのみの開催になってしまったので、
今年こそは晴れてほしいという皆の願いが届きました。
参加人数は、約130人と例年より少し少ないかなと感じる
くらいでした。

第11回大会は、初の5月開催になったのは理由がありまして
信頼できる情報源から、4月より5月の方が魚が多く取れると
言う事を聞いたからです。
例年になく、気合の入る川村リーダーは一週間前から天気
予報とにらめっこです。
会社でのあいさつは、天気は大丈夫?というのが合言葉に
なっていました。

前日の準備も完ぺきに、地引網大会の当日を迎えました。
少し肌寒いですが、風も無く絶好のコンディションとなり
お客様を迎えます。
早起きが苦手というW様も、一回目の網引きに間に合い
ほっと息をつくことが出来ました。

定刻通り、6時45分位から網を皆で引き始めます。
ウッ!いつもより重たい。引き始めて3分くらい経つと網の
先端付近には魚の鱗がキラキラと光る様子が見えます。
上空には、鳥たちが集まり大漁を予感させます。






漁師さんの掛け声に合わせて、子供たちも一生懸命に
引き上げますと、沢山の魚が網にかかっていました。







取れた魚は、魚博士の大草監督に解説をお願いしますと、
大きい魚がコノシロ・小さい魚がジンタと言うそうでどちらも
おいしく食べれるそうで、早速その場で空揚げにして食べま
したが、とても美味しくいただけました。

網引きが終わり、いよいよバーベキューの始まりです。
やはり、子供たちの食欲は旺盛のようでI様のお子様は
サッカーの部活の前に体力を付けると言って、お肉を
中心に食べ学校に出かけて行きました。

毎年、新メニューを一つくらい披露しているのですが、
今年は 《焼きカレー》 でした。
レシピは工事部の竹村君が考え、焼き方は中野君が担当し
とても好評でした。
少し辛いから、子供はどうだろうと思っていましたが
「斉藤さーん、もう一つ食べていい?」と聞くT君などもいて、
大人から子供まで大好評でした。





二回目の網引きも大漁で終わり、AM11時頃に無事終了です。
今回の大会も大いに盛り上がり、お友達を紹介していただく
お客様も何人かおりまして、いつもながらありがたく思いました。
大漁のおかげで、沢山の魚をお土産に渡すことができまして
翌日には美味しくいただけましたと、お礼の電話を多数いただき
感謝申し上げます。

来年も天気に恵まれれば良いと思います。






                            by 川 誠

先日、合格発表がありまして
晴れてFP試験に受かりました。
3級技能士なので
まだまだ勉強することが多いのですが、
今後共よろしくお願いいたします。

今までも資金計画や住宅ローンの
アドバイスをメールセミナーなどで行ってきましたが、

特にマイホーム取得を中心に
○これから教育資金にいくら掛かるの?
○いくつか生命保険に入っているんだけど
 見直しって必要?
○この先給料が増えそうにないんだけれど
 マイホームが持てるのかしら?
○車ってローンで買っていいの?
○退職金がもらえるか分からないけど
 35年ローンを組んでも大丈夫?
◎そもそも私たちってマイホームより
 賃貸派なんだけど、将来大丈夫?

などなど、
私、川が今まで以上に詳しくお答えいたします。
ご質問は、メール又は、
柳沢&沼北ショールームへ
お越しいただいても結構です。
(ご連絡いただければ準備しておきますので、
事前にご一報ください。
一回目の相談は無料ですので、ご安心を)

又専門的な内容になりましたら
私を始め、必要に応じ
一級建築士、宅建主任者(川)
税理士、司法書士、弁護士など
各専門家のネットワークで
個別のご質問に対応いたします。
ゆっくりお考えの方には、
「失敗しない土地選びメールセミナー」
「失敗しない資金計画メールセミナー」
「間違いの無いほんもの建材選びメールセミナー」など
各メールセミナーーもご用意しております。

お申込は、
office@nakanishicc.co.jp 
までご一報ください。

以上お知らせでした。

                                By 川 誠
4/24.25 今度の土日に
沼津市岡一色で
完成見学会を行います。
このお宅の家造りのテーマは、
「家族の絆を深める白い家」です。
イメージ通りのお宅になったと思います。

いつもとちょっと違ったアングルで
写真を撮ってみました。

室内も無垢の木製ドアや漆喰仕上げなど
自然素材をふんだんに使って仕上げました。

皆様ぜひ「白い家」を見にいらしてください。

アングルを変えてみると、あら不思議。

室内は、無垢のドアや漆喰など自然素材満喫。

                            by 斉藤智

先日の朝日新聞で見た記事ですが、新聞の購読者が
年々減り続け特に夕刊がピンチだそうです。
九州の佐賀県などでは夕刊の発行を止めるようで、
ちょっとさびしい様な気がします。
個人的には、夕刊のちょっとローカルな3面記事が好きです。

さて、スキーツアー二日目の実況です。
どこに泊まっても、ほぼ6時起床というのが私の癖・
そして予想通りひどい筋肉痛な朝を迎えました。
天気は快晴!
昨夜は雪も降り、スキーヤーにとっては最高のパウダー
スノーを楽しめそうな好天となりました。





本日は野尻湖のワカサギ釣りを楽しむパーティーと
スキー班の二つに分かれて行動です。

まずは釣り班から。今年は気合を入れて朝6:30に旅館を
出て野尻湖へ向かいました。
今回チャーターした船はツインビーという小型船で、
8人乗りの可愛い船でした。
今年はわかさぎ不漁に泣く野尻湖だそうで、船の場所
取りも中々シビアだそうです。
各船ともスタート時間は同じなので、良いポイントを求め
てのレース状態になりスリルがあったそうです。

船内は暖かく快適で、のんびり出来ることは最高です。
ビールを飲みながら、気軽に楽しめるのは良いのですが
今回はわかさぎもお休み中のようでした。
竿頭の大草監督が最高の7匹で、全部でも40匹くらい
のちょっと納得出来ない釣果です。
天気が良いのも災いしているようで、釣り班にとっては
アンラッキーでした。
来年は胸やけするくらい、ワカサギのてんぷらを食べ
させてもらえる事を期待しています。





スキー班のほうは、AM8時30分頃スキー場へ向け
出発です。気温も暖かく、今日は楽しめるぞと期待する
皆の顔がありました。
ゲレンデの状況は最高で、釣り班には申し訳ない程
コンディションは良好。
この雪でありながら、リフト待ちなどもほとんど無く
とても楽しむことが出来ました。
視界も良くて、上手な人たちはパノラマ風景を見ながら
颯爽と滑走していますが、8年ぶりの私にはそんな余裕は
無く転ばぬことだけを注意しての半日でした。







ゲレンデから帰ってきたお客様に話を聞きますと、やはり
子供は元気で最後まで付き合ってクタクタですとの事。
昨日のカラオケもそうですが、大人はパワーでは完全に
負けていることがよく分かりました。

帰路は予定通り、午後3時30分スキー場を出発して
沼津へ向かいます。
道路の渋滞もほとんど無く、休憩をはさみながら定刻の
午後9時に本社前に到着です。
至らないところもありましたが、参加した皆様には楽しんで
いただけた2日間になったと思います。
参加くださった皆様に心からお礼申し上げます。




                          by 斉藤智

バンクーバーで冬季オリンピックが開会しましたね。
昨日の女子モーグルの上村選手は本当に残念でした。
試合後のインタビューを見て、次のオリンピックでは
益々応援したくなりました。
見たい競技が目白押しなので、寝不足には注意が
必要な二週間になりそうです。

昨日・一昨日と恒例のスキー旅行へOBのお客様と
赤倉温泉スキー場へ行ってきました。
早いもので今年の開催で11回目、10年を越える
ことが出来たことを素直に感謝したいと思います。
今回の参加者はお客様19名・社員家族が21名と
いつもよりちょっと少ない人数での旅行でした。

定刻のAM6時、本社から大型バスと乗用車2台
でのスタートです。
乗車後すぐに子供たちへ確認するのが、車中で流す
DVDの順番で、前日に私が借りてきたDVDを選んで
もらいます。
去年も参加したS君にさっそく見てもらうと
「斉藤さん。これ去年見たよ!」と冷やかな声が
やってしまったかと冷や汗でしたが、数時間後に
S君の勘違いとわかり一安心。
但し、今回はセーフでしたが過去には3年連続で流して
しまった事もあったことも事実です。
チェックリストに借り出しDVD一覧表も要追加です。

AM11時、赤倉温泉スキー場に到着です。
昨日までの大雪で、バスがホテルの駐車場まで行け
なくて、ここで観光班と釣り班が分かれました。
記念集合写真が撮れなかったのが少し残念です。

観光班は飯山雪まつりに出かけて、雪像を見ながら
会場内の手打ちそばを食べたりと楽しんだようです。
※今年流行りの坂本竜馬像もありました






スキー班はホテルへ着いてから、着替えをしてのんびりと
ゲレンデに向かいました。
私も今回は8年ぶりにスノーボーダーに転身、ドキドキしながら
リフトに乗り雪の感触を確かめます。
けがの心配をしてくれ、設計の小林・谷口の若手ボーダーが
一緒に滑ってくれました。
二人のおかげで、なんとか怪我も無く楽しんで滑ることが
出来まして、お客様にも聞いたところ雪質がとても良いので
滑りやすいとの事。
なるほど。私があまり転ばなかった理由も分かり納得です。

PM4時、疲れた大人たちは宿に戻り温泉でゆっくり休み
夕食までの一休みです。

PM6時、宴会のスタートです。
ご飯を早めに食べ終えた子供たちは宴会場を飛び跳ねて
遊んでおります。
偶然にも同じ会社にお勤めだったS様とW様は、びっくり
しながらも話が大いに盛り上がっているようで建築時の
楽しかった想い出話などで意気投合していました。





一次会もあっという間に終わり、二次会は隣の部屋に
場所を移しカラオケで大いに盛り上がりました。
中西の適切なアドバイスの効果?で子供たちの歌が
最後にはとても上手になっていたのには驚き。
一年に一度、このツアーで集まる小学生4年生の
仲良しトリオのハーモニーを来年も聞きたいですね。




PM10時、宴会が終了楽しい一日目が終わりました。
二日目の様子は後日UPいたします。


                            by 斉藤智

寒さがようやくと緩み、穏やかな一日でした。
この三日間ほどは本当に寒くて、鼻風邪を引いてしまい
弱い体になったものだと少し情けない気分です。
この天気で残念な山の事故などはありましたが、
スキー&ボーダーにとっては待望の雪となったでしょう。

今日は農業事業部の畑で今年最後の収穫がありました。
事業部長上田のヘルプへ向かったのは、今年入社の
谷口君でして、年の差が何と35歳と我が社の中で
もっとも年齢差があるコンビでした。
嫌がる谷口君を説き伏せて、収穫した野菜と記念写真
を撮りました。ご覧のように白菜・大根・辛味大根・ルッコラ
と大収穫になりまして、今晩家に持って帰るのがとても
楽しみです。






左上にある葉がルッコラという野菜と教えてもらい、
恥ずかしながら??でしたがインターネット検索すると
中々オシャレな野菜ということがわかりましたので楽しみ
に食べたいと思います。

さて、先日ご入居から1年が経つS邸のお嬢様から嬉しい
お便りが届きましたので紹介させてもらいます。

斉藤様

我が家に心地よく住まわせていただいております。
家を建て替えてから、わりとクールだった母が穏やかになり
笑顔が増えました。インテリアにもずいぶん関心を持ち、毎日
楽しそうにしています。
弟も自慢げに友達を連れてきます。
本当にありがとうございました!!


快適に過ごしていますとのお客様のお便りは、本当に
本当にうれしいもので、いつでも見えるとこに保管し時々
眺めては元気をもらっています。

今年も残り少なくなりましたが、皆様も風邪など召さない
ようにご注意ください。

                          

                     by 川崎 誠
前回は、住宅ローン減税の恩恵について、

最大限に利用できる方と
そうでもない方についてお伝えしました。


男性サラリーマンの平均年収540万円の方が、
住宅ローンの平均利用額約3200万円借入をした場合、

税負担軽減の金額は、99万円〜166万円となり、
政府発表の最大軽減金額の500万円とは
かなりの開きがあるというお話をしましたね。


今回は、住宅ローン減税に関連して、
いったい今、家を買うことが
はたして得なのかどうかという点について
考えてみたいと思います。


今回の住宅ローン減税の特徴は、
減税の最大金額が、
入居時期が遅くなるにつれて
小さくなる仕組みになっていることから、

2009年から2010年中に入居をしないと
メリットが減ると考えがちです。



しかし、実際はそうでもないのです。
入居を2011年に遅らせても、
減税額が減るケースは
かなり限られてくると言えるからです。

前回もお伝えした、平均的な男性サラリーマン
(年収540万円・ローンの借入額3200万円)の場合は、

影響を受けることはありません。



では、どのような方が、
急いで購入をしたほうが
お得になる可能性があるのでしょうか。


大和総研制度調査部の試算によると、

年収が900万円以上で
借入額が4500万円以上になる方の場合には

入居時期を2011年に遅らせることによる
減税額の縮小に、注意する必要があります。



ただ、この条件の方でさえも、不動産価格や借入金利が
今よりさらに下がるなら、
急いで購入しない方がお得になります。


税制は、一般論でいえば
個人の利益を優先するということではなく、

業界の利害を重視した形で
設計されることが多くなります。



今回の住宅ローン減税も
「大幅拡充」という掛声のもと、

景気対策として住宅需要を刺激したいとの
狙いがより強くこめられている印象があります。

個々の利用者にとって本当の恩恵がどれくらいあるのか
政策当局が十分に説明をすることがないのなら、

私たち消費者が一人ひとりが制度の仕組みをよく理解し、
考えて利用することが大切になるということでしょう。


あなたにとって、いつ入居することが
本当にお得になるのかをよく考え、

個々で判断できるよう、
知識を持つことが必要になります。




出典 中山恵理子さん&大和総研制度調査部

 

by 川崎誠



今日は、税金の事につきましてちょっと一言。


ご存知の通り、2009
年度の税制改革改正関連法が
3月末に成立しました。


一番変わった所と言えば、
ローンで家を買った人の所得税、住民税などを安くする

住宅ローン減税が、
10
年間の合計で
最大500万円となった事ですね。

(長期優良住宅の場合には600万円です。)


ですが、この数字はあくまで最大の数字です。

実際の減税額は、借入額や年収により、

あまり大きくならないケースもあります。

 

住宅ローン減税は、原則として10年間にわたって

毎年末の残高の1%にあたる額を

所得税と住民税から差し引いてもらえることに
なっています。

今回の税制改正の結果、対象となるローン残高は、

2009年と2010年に入居をした場合は 、
5000万円に拡大されましたが、

そして、その後は少しづつ減っていくことになります。
(平成22年5000万円、平成23年4000万円…)


そのような情報だけを考えると、
購入を急いだ方が良いのでは?
と考えがちですが、
そもそも、500(600)万円の恩恵を最大限に受けるには、

かなりの条件が必要になります。

 

試算から申し上げますと、
毎年50万円の減税を受けるのに必要な年収は、

夫婦と子供二人の4人世帯では、約1000万円です。

そして、金利3%、35年返済で借入をしたとすると、

6500万円の借入をしている必要があります


つまり、年収が1000万円以上ある方が6500円以上の
借入をなさった場合には、

メリットを最大限に受けることができる…
というわけですが、

そういった人は多くはないでしょう。

 

住宅ローンの平均利用額は約3200万円ですし、

男性サラリーマンの平均年収が540万円
ということを考慮すると、

税負担軽減の平均的な金額は、99万円〜166万円となり

最大500万円とは、かなりの開きがありますね。

 

そこで気になるのが、では実際、どのような条件の人が、

今家を買うのがはたして得なのか?という点ですね。

続きはまた来週お話します。




                              by 斉藤智

昨日の地震には本当に驚きました。
我が家では壁掛けの時計が落ちて壊れる被害があり、日頃は
お客様に家具はしっかり固定しましょうなどと、アドバイス
している本人がこれでは説得力ゼロだと反省です。
東海地震に備えて、お盆休みには家中を再点検してみます。

遅くなりましたが、先週末の見学会の報告です。
お天気にも恵まれ、帰省ラッシュ中ではありましたが沢山の
お客様に来場をいただけました。
ご来場いただいた皆様には心から御礼申し上げます。

来場いただいたお客様からの一番の声が、この敷地条件で
こんなに明るいなんて信じられなーい!でした。
南のお宅とは1メートルくらいの至近距離にも関わらず、天窓
からの光が2階のリビングに降り注ぎます。
土曜日などは一日中曇りの天気でしたが、一度も照明器具を
付けることがありませんでした。
このお宅が建つ前の倉庫だった頃を知っているご親戚の方も
お見えになり、同じ敷地とは思えないと驚いておられました。

他にも恒例の実験コーナーや、固定階段で登れる小屋裏収納
などの評判も良くお客様の関心を集めておりました。





さて、今日はF市のK邸へスーパーバイザー上田と行って
きました。
K様は転勤のため、住まいを離れて遠方で生活されています。
夏休みの一月ほど奥様とR君とで帰ってこられるので、昨年
同様に住まいの点検に伺いました。
24時間換気システムは留守中も運転してあり、ご両親がたまに
掃除をしてくれているから帰ってきても不快な所が全くありません
と奥様。
木製サッシの微調整などをさせていただき、念のため床下も
見させてもらいますが全く問題ありません。

一年ぶりに会ったR君も小学二年生になり、随分としっかり
してきました。昔は、はにかみ屋さんでいつもお母さんの後ろ
に隠れていたのが嘘のように、積極的に話しかけてくれます。
現在は昔の仮面ライダーにハマっているそうで、色々と
教えてもらいます。
帰りの際、一緒に写真を撮ろうと言うことになり、玄関前で
ポーズを決めてくれました。



明日13日から16日まで当社も夏期休暇をいただきます。
天気は良さそうなので、どこか行きたいと思いますが
グータラと寝て過ごす4日間になりそうです。
お休みの方は、どうぞ良い休日をお過ごしください。


                              by斉藤 智

梅雨入り宣言がされると、とたんに雨が降らなくなる
のは今年ばかりじゃ無いですね。
天気に恵まれて、昨日・一昨日と駿東郡長泉町内
にて完成内覧会を開催しました。

今回の見学会は二週連続の見学会で、一週目は
登録していただいているお客様限定の内覧会とし
二週目の6月20日と21日はちらしを配布しての
一般見学会を行います。

一週目はいかにと、川崎と二人で現場にいたの
ですが予想以上のお客様に駐車場も満車になる
という盛況の二日間でした。
お越しいただいたお客様には心よりお礼申し上げます。
又、ご近所の皆様にはご迷惑をかけ誠に申し訳
ありませんでした。

来ていただいたお客様の一番の声が、外観が
中西工務店の家じゃないみたいとのことでした。





いかがですか?
オーナーのN様はシャープでモダンな外観がお好きと
いうことから、色使いなども最近に作らせていただいた
お宅とは少し違うイメージに仕上がりました。
縦張りの金属サイディングと玄関の石張りとの相性
も良く良い雰囲気になったと自画自賛です。

内部空間は奥様のお好みでまとめたのですが、短い
言葉で表現すると『ナチュラル』で良いと思います。





白木と漆喰塗りでまとめた内装は誰もが落ち着くと
大好評でした。
リビングの木製サッシや北欧風のキッチン、
ツインボールの洗面化粧台などハイセンスで
まとまりのある空間に仕上がりました。

昨日は、カーテンの試着に家族みんなで現場へ
お越しになったN様も『納得のゆく仕上がりです』
とブログにも書いていいですよとのお言葉を
いただきましたので、喜んでUPさせていただきます。





今週末はちょっと大き目の広告を出しますので、
皆様のご来場を心よりお待ちしています。
※詳しくは下記まで
http://www.nakanishicc.co.jp/news/09/genba_090620.html

昨日はもう一つうれしいことがありました。
それは、入居後12年くらい経つ沼津市のO様が
家を計画中のお友達を柳沢のショールームに連れ
てきてくれたのです。

お礼の電話はすると、つい長話になってしまい
色々なことをお聞きすることもできました。
『満足しているから紹介できるんだよ』
の言葉には感謝・感謝です。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。











Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM