by川崎 誠

新しいお客様を三島市徳倉のS様邸に
御案内しました。

S様は、年回りの関係で来年に入居されますが、
クリスマスの飾り付けをしておりましたので、
写真を撮らせていただきました。

IMG_0195-2.jpg
左下に小さく写っている映像を
拡大すると

IMG_0196-2.jpg
かわいいサンタさんと
スノーマンでした。

IMG_0200-2.jpg
フェルトで出来たサンタとトナカイくん。
左上に見える洗濯干ししている
ミニチュアの洋服やマフラーがとてもかわいかったです。
(木の洗濯ばさみもgood!)

IMG_0202-2.jpg
ニッチも素敵にアレンジ。

見学されたA様にもとても
気に入っていただきました。
ありがとうございました。

                           by 斉藤 智

皆様は地デジ対応のテレビへ買い替えはすみましたか?
私はまだでして、テレビを見ているとうるさい位に字幕での
買い替えを勧めてきます。
それほどTVを沢山見る方ではないので、壊れていない物を
買い換えるのがイマイチ釈然としません。
又、地デジになると東京12チャンネルが見れなくなるのも
とても残念です。

昨日、いつもお世話になっている富士宮のM様邸へ行って
きました。



M様には、入居後の室内温熱環境を測定させてもらう為に
「データロガー」という温度測定器を様々な所に取り付け
させていただいております。
一円玉程の小さな測定器ですが、とても優れモノでして
4か月くらいの測定データがこれ一つに入ります。



この「データロガー」を室外1と室内7か所に置かせてもらって
おりますので、仮に8月15日の午後1時のデータが欲しいと
思えば瞬時に置いた場所の記録が確認出来るのです。
今年は異常ともいえる猛暑でしたから、どのような結果に
なっているかとても興味があります。
解析結果は後日発表しますのでお楽しみに。

回収はM様にも手伝ってもらい、無事終了。





半年振りにお邪魔しましたが、ダイニングテーブルの向きを
変えたりといつもながら生活を楽しんでいらっしゃいました。
最近は、庭の野菜コーナーにも凝ってるそうで唐辛子の
出来がとても良く美味しく育ったそうです。

これから、本格的な冬到来を迎えM様は新しい暖房器具を
購入されていました。
エアコンの温風がどうしても嫌ということで、ペレットストーブ
など様々な器具を検討した結果、高性能な電気ヒータに
たどりついたそうです。
丁度、設置したばかりという事で私も体感させてもらいましたが
遠赤外線の効果もあり、とても暖かでクリーンな機械でした。
デザインも良く、お洒落な室内の雰囲気にマッチしてました。
失礼ですが、お値段は?と聞きますと
「高いから聞かない方がいいですよー」とのこと。
何事もこだわって吟味するM様、どうしても性能の良い品に
なってしまいますねと苦笑されていました。
気になる使用電気代の方は、後日コッソリと教えてもらいます。



今年も残すところ、一月半となりました。
昨日の女子バレー同様に頑張ってゆきたいと思います。




                   by 川誠

今年の3月にお引渡ししました沼津市駿河台のI様のお宅に
「定期訪問&真夏の快適生活のアドバイス」にお伺いいたしました。

全体としましては高断熱住宅の特性を理解され、
とても省エネで快適に暮らされておりました。
何点か改善しますと更に快適になる項目につきまして、
下記の通りご説明いたしましたので皆様も
ご参考になさってください。

 

真夏の高断熱住宅の住まい方 ワンポイントアドバイス

ポイント1

24時間換気のモードを最大限にし、地中熱活用+微冷房除湿により
適正な温度&湿度に空調されたリビングの空気を、
出来るだけ多く
2階に移動させることが重要です。
(このお宅では、夏モードで
1.25回以上/毎時の換気量により
空気を移動させております。

ポイント2

外出時にエアコンを止め、帰宅時に22℃の冷房強運転を
なさっておりましたので、外出時も
2830℃の連続微冷房除湿
若しくは連続除湿運転をする事で、省エネでしかも帰宅時の
不快感が少なくなる事をご説明しました。
(頭では理解し難いのですが、超高断熱気密住宅では、
家の中に連続して少しずつのエネルギーを与えていた方が、
エコで省エネな室内環境が達成出来ます。)


ポイント
3

2階の東面のサッシは、高性能PVCサッシ+冬型LowEペアガラスを
採用しておりますので、特に真夏の日中不要な時には
カーテンにて遮熱をしておくと効果的です。
このお宅でもお子様が成長し
2階の使用頻度が増した時には、
遮光カーテンやサーモスクリーンで遮熱する事を
お勧めしております。


今のお住まいにちょっとした工夫をする事で、
大掛かりなリフォームをしなくても
エコで省エネな室内環境が作れます。
詳しくは、
http://www.n-remodel.com/heat_insulation/heat_insulation.html

                     BY 川崎誠

高断熱高気密の住まい方につきまして、
特にお客様のお宅で
ご質問を受けた内容を中心に
何回かに分けてご説明いたします。

本日、今年の6月にお引渡しいたしました
沼津市玉江町のS邸に、夏の住まい方チェックに
伺いました。

川崎「こんにちは、いかがですか」
S様「とても快適なんですが、2階が
   少し暑いのでちょっと見てください。」
川崎(ムムム・・・ これは、おかしいぞ)
という事で、夏の住まい方チェックの始まりです。

2010年8月10日15:00
天気 曇り時々雨
外気温 32℃

エアコン 1Fリビング 28℃60%冷房除湿運転のみ運転
ほとんどセーブ運転のままで動いているそうです。
室内温度 1Fリビングで28.4℃ OKですね。

そのまま2階に上がると、2Fホールの温度が32.4℃
(おかしいぞ、このお宅は大きな吹抜けがあるので
空気の流れは良いはずだけど、外部からの
輻射熱に負けているぞ?)
と思いつつ2階を見渡し、更に換気システムをチェックして
その原因が判明しました。

原因は、24時間換気システムが、中間期モードのままでした。
これでは、地熱活用+省エネ微冷房除湿で
せっかく快適になった空気が、家中に行き渡りません。
換気モードを夏モードにし、更に夜しか回していないという
シーリングファンを弱運転させました。

一度躯体が蓄熱してしまうと、冷えにくいのも
高断熱住宅の特徴(欠点?)ということをご説明し、
1〜2日様子を見て頂くことになりました。

次回又報告します。



                 by 川 誠

裾野のK邸のウッドデッキが完成しました。
K様のお宅からは、2度目のウッドデッキ製作の
依頼を受けての今回の工事です。
10数年前にお作りしましたウッドデッキが、
少々痛んできた事と、少し手狭になったため、
思い切って大きめのウッドデッキに造り替えました。

もったいないの精神で、
まだ使えるラチスフェンスは、
塗装だけ塗り直して再度使っています。

お客様のDIYを応援するために、
定期的に当社社員大工による
「大工教室」開催しております。
今までの製作課題は、
ガーデンチェアー、ガーデンテーブル初級
ガーデンテーブル中級などです。

又ウッドデッキ、木製テラスの製作や
オリジナル木製フェンスの製作取付等の
設計施工を承っておりますので、
お気軽にお申し付けください。
http://www.n-remodel.com/gallery/gallery.html

IMG_8557-2.jpg

IMG_8555-2.jpg

                         by 斉藤智

梅雨の中休みの土曜日でした。
でも、そろそろ梅雨明け宣言となって欲しいですね。

午前中に三島へ行く用事がありまして、先日に外壁の
塗り替え工事をさせていただいたT邸へ寄らせていた
だきました。
T邸は1998年に竣工した3階建ての住宅で、大きな
分譲地のメイン通り沿いの目立つ場所にあります。
建築主のT様夫妻は、インテリアにも造詣が深い
とてもセンスの良い方です。
又、ご主人は大変なスポーツマンで、私のスノーボード
の師匠でもあります。
5年ぶりくらいの久々の再会でしたが、ご主人も随分
恰幅が良くなり、スポーツもゴルフだけになったそうで、
一緒にスキー場に行く機会もなさそうなのが少し残念
に思いました。

外壁や屋根など、建物にメンテナンスは必要ですが
T様はどうせ塗り替えるなら、装いを大きく変える色
使いを希望されました。
奥さまメインの打ち合わせになりましたが、色のサンプル
を何度か出させてもらい、品の良いブルーに決まりました。

以前はアイボリーでしたので、色の違いで印象が随分
変わるのには少し驚きでした。


                              before




                             
          after





同じ角度から撮影すればもっと良かったと反省です。
でも雰囲気が変わるのがおわかりでしょうか。
シンボルツリーの椰子の木も成長が早く、当時2メートル
ほどの木が現在は6メートル近くあるのではないでしょうか。



上の写真だけ見ると、熱川バナナワニ園の様に見えます。
玄関先で、ご主人と少し話をさせてもらいましたが家に
は大変満足しているとおっしゃていただきました。
定期的に斉藤さんにも来てもらえるので、母も安心してます
と半分はお世辞でしょうがとてもうれしく思いました。
私も15年ぶりにゴルフを再開しましたので、機会があれば
一緒にラウンドさせてもらいたいですね。

明日はいよいよワールドカップの決勝戦です。
タコのパウル君と同様に私もスペインの優勝と予想します。
何にせよ、とても楽しみな対決カードとなりました。


                         by 斉藤智

ワールドカップの南アメリカ大会が開催しました。
JAPANチームは暗い話ばかりですが、寝不足に
注意して出来るだけ沢山の試合を見たいと思います。
開幕戦を見ましたが、ブブゼラという楽器は本当に
騒がしいですね。
嫌いな音ではありませんが、意思の疎通をはかる
のに選手は大変だと思いました。

一昨日、伊豆の国市S邸へ定期点検のために
工事部の上田と一緒に訪問しました。
奥さまだけが在宅かと思いきや、ご主人も一緒に
暖かく出迎えてもらいました。
お忙しい中をご主人が待っていた理由の一つに、
当社の点検新兵器の床下点検ロボットの性能を
確かめたいとの思いがあったようです。







マシンお宅系のご主人は、床下点検中のモニターへ
クギ付けで「すごいね!すごいね!」と点検マシンの
性能には感嘆しきりで、最後にはリモコン操作している
私に 「こんな楽しい事して給料を貰えて、斉藤さんは
いいなと」真顔で言われてしまいました。
メカ好きの人にとって、この点検ロボットは高価な玩具
に見えるのかも知れませんね。

入居6年目に入ったS邸で気がついたのが、カーテンの
留め方でした。
さりげないのですが、空間をうまく演出しているのが
とても素敵で、家具を沢山置かない主義のS邸には
とってもお似合いと感心しました。
※何度もお邪魔しているのに気付かなかった自分に反省








さて、話は変わりますが来週末に三島市のS邸にて
構造の見学会を久々に開催します。
このお宅は〈長期優良住宅〉の認定を受けてスタートした
とても高性能な住宅です。
手前ミソになりますが、長期優良住宅の認定を受ける
のはとてもハードルが高く、4月からスタートしたこの制度
に合格した家は静岡県内で10件あまりしかございません。
耐震性能や省エネなど、これから求められる住宅性能を
全て満たす技術をぜひ沢山の方にご覧いただきたいと
思います。
近いうちに当HPにUPしますので、ご覧の上どうぞお越し
ください。心からお待ちしております。



                   BY川崎 誠

夏を思わせるゴールデンウィーク真っ最中の4/30、
2009年3月にご入居した沼津市岡一色のN様のお宅に
お伺いしました。

地震保険が昨年改正され、
ツーバイフォー構造の住宅の地震保険がお安くなった為、
追加で加入したいとのご連絡を頂いておりましたので、
定期点検と兼ねてお伺いいたしました。

保険の話が済んだ後に、
川崎「今年の冬はいかがでした?」との質問に
N様「入居時にもらった温室時計を
   ずっとカウンターに置いてありますが、
   真冬の朝でも16℃以下にはなりませんでしたよ、
   想像以上の快適さでした。」
ダイニングのカウンターに置いてある温湿度計が
とても重宝したとのこと、大変うれしく思いました。

入居後のお客様から
16℃とか18℃とかでも十分暖かいとお聞きします。
それはなぜでしょう?
実は、その部屋の中での体感温度は、
(室温+廻りの床・壁・天井面の温度)/2で
表されます。つまり
室温が18℃でも、床壁天井サッシ面が18℃ならば
体感温度も18℃(高性能の家)しかし
室温が同じく18℃でも、床壁天井サッシ面が10℃まで
冷えているとしたら、体感温度は14℃まで
低下します。(低性能の家)
逆に低性能の家で体感温度を18℃にする為には、
室温を26℃まで上げなければならないという事なのです。
エコじゃないですよね。

またN様邸は、グルメ街道に近い分譲地に有り、
深夜でもかなりの数の大型車が通りますので、
騒音、振動対策に加え、
南側に家が建つことが判っておりましたので、
設計段階で、吹抜けを生かした採光計画を、
特に慎重に行ったお宅です。
その甲斐があり、騒音、振動対策、明るさ、冬の暖かさ
全てに合格点をいただきました。

暑くなる前に夏用の空気の流し方のご説明に
再訪するお約束をして気分良く帰ってきました。 



                          by 斉藤智

連休の初日は清々しい天気となりました。
昼のニュースでは、各地の高速道路状況をリポート
していましたが、予想以上に渋滞しているようです。
お出かけになる方は、交通情報に十分ご注意ください。

連休中日の昨日、箱根にありますS様の別荘へ定期
点検に上田と一緒に行ってきました。
芦ノ湖周辺をトラックで走っていますと、観光客に白い目
で見られるように感じるくらいリゾートしています。
ちょっと意外だったのは、バスを利用して観光をしている
人が多く各バス停には長い列が出来ていました。

S邸は竣工してから7年目を迎えました。
オーナーのS様は本業が忙しいと、中々来れないという
ことで鍵を預かっての無人点検です。
お話では、1年以上訪れていないとのことでしたが、約束
通り24時間の換気システムは運転してくれてましたので
室内の空気がきれいなこと。
埃が積もる様子が無く、1年以上掃除をしていないのが
嘘のようにきれいでした。
改めて高気密・高断熱の性能と換気システムの力には
正直ビックリです。

床下点検から始まり、建具の調整などを2時間くらいかけて
ゆっくりとさせてもらいました。
点検中に上田と話すことは、こんなにいい家なのに使わな
くて勿体ないねということばかりです。
山小屋風というコンセプトの無垢材を多用した内装には
まきストーブがばっちり似合います。
そして、何といっても良いのが伊豆石張りの浴室です。
景色の良い二階へ大きなピクチャーウィンドウをつけて、
外を眺めながらゆっくりと湯船に浸かるなどは、温泉好き
の私には羨望の的です。
社内の保養施設として、一晩貸してくれないかなと不埒な
事を考える始末でした。
写真を何枚かUPしますので、お好きな方はどうぞリゾート
気分を味わってください。









       

伊豆縦貫道が完成したお陰で、箱根がとても近くなりました。
私は連休中、柳沢のショールームへ出ていますので、代休
には強羅温泉にでも行きたいなと思いました。
皆様はどうぞ良い休暇を楽しみください。





                           by斉藤 智

卒業式のシーズン、ラジオで卒業ソングを良く耳にします。
私のBest卒業ソングは、斉藤由紀チャン(当時)の
「卒業」です。
古ッ!と突っ込んでくれれば良いですが、知らない人
も沢山いるんでしょうね。

今週末に富士宮市で見学会を開催します。
その準備に今日現場へ行ってきたのですが、いつも
出迎えてくれるのが「なっちゃん」という施主さんの
愛犬です。




とても人懐っこいワンちゃんで、現場の皆からは
マスコットの様に愛されているなっちゃんです。
力持ちなので、油断をすると結構押し倒されそうに
なるので要注意。
遊んでもらうのが好きのようで、工事が終わるのを
一番さみしいのがなっちゃんかも知れません。


間もなくT様もお引っ越しです。
なっちゃんも一緒に引っ越しすることになり、中西から
とても素敵な家がプレゼントされました。
何事もこだわるのが中西流とばかりに、妥協無き
注文住宅を。それが、




いかがですか、中々立派でしょう。
見えませんが、屋根の下にはなんと断熱材が入り
夏の暑さ対策もしてあります。
そして、飼い主のT様宅がこちらです。




かなり雰囲気の良い2邸になりました。
見学会ではぜひ、なっちゃんの家もご覧ください。
T邸は古材を化粧の梁に使った、大きな吹き抜けが
自慢のとてもお洒落な住宅です。
沢山の皆様のお越しをお待ちしております。







Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

中西工務店

世界の素敵を届けます     中西工務店HP

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • クイズ 高断熱高気密冬の住まい方
    のきあ

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM